ライフスタイルとFXのトレードスタイルでバランスを取ることの重要性

この記事は6分で読めます

Pocket

 

 

こんにちは、津田です。

 

ここまで何回かに分けてSkype通話企画に参加してくださった方と話して

得られた気付きについて紹介してきましたが、

今回でこのシリーズも最後となります。

 

最後は、

・自分のライフスタイルに合わせて無理なくトレードする

について紹介しますね。

 

最終回にして一番大事なテーマになります。

 

 

 

前回も紹介しましたが僕のトレードスタイルは

「コツコツ利益を重ねて、ドカンと大勝ちする」というものです。

 

なぜそういうスタイルが出来上がったかは前回も書きましたが

ざっくり言えば

「パソコンの前に1日何時間も張り付きたくなかったから」

「相場に縛られずに自由なトレードがしたかったから」です。

 

なので、徹底的に環境認識をして、事前に戦略をしっかり組んで、

トレードできるところだけを効率よくトレードしよう!

と考えた結果、こういうスタイルとなりました。

(いまもまだ改良し続けているところです)

 

 

ここでひとつだけご注意いただきたいのは

この「コツコツドカン」のスタイルが最高ですよ!

と言っているわけではないんですね。

トレーダーさんによってトレードに取り組む環境はさまざまです。

 

年がら年中パソコンの前でチャートを見ながら

トレードするのが好きな方もいるでしょうし、

そもそも1日わずかな時間しかチャートを見ることができないという方もいると思います。

 

なので、僕はライフスタイルや気性に合わせたら

このようなトレードスタイルがストレスなくマッチしたというだけで、

全てのトレーダーさんにとってこのトレードスタイルがベストだ!

と言っているわけでは決してありません。

 

トレードスタイルは、各々のライフスタイルごとに構築する必要がある

ということが最も重要な点になります。

 

このことは、僕はメンターと出会ってからメンターにしっかり教わったのですが、

世の中に数多くあるFX商材はなぜかここについて深く教えてくれません。

どの商材も、たいてい一つのトレード手法を押し付けてくるだけです笑

 

「○○の手法で月間○pips勝てます!」

「○○のインジケータを○○のように使えば毎月○万円稼げます!」

「○○のサインツールでトレードすれば、勝率90%です!」

 

などのように紹介されていて、その手法自体は確かにその通りなのかもしれません。

決して嘘を言っているわけではないと思います。

 

しかし一方で、

そのトレード手法が自分のライフスタイルにマッチするかどうかは全くの別問題であり、

実はそここそよく考えなければいけないところです。

 

ここを考えずに

「5分で片手間に簡単に稼げます!」という商材の手法をそのまま使うと、

「5分でいとも簡単に資金を失う」ことになります。

 

これが、商材が決して教えてくれることはない事実です。

 

 

僕もかつてとあるFX商材を買って

スキャルピングの検証と実践に取り組んでいたことがあります。

 

その商材が示すようにトレードすることで、

僅かずつですが利益を重ねられるようになりました。

 

しかし、そのトレードをずっと続けることはできませんでした。

 

 

当時僕はサラリーマンの傍らでトレードをしていたのですが

サラリーマンをやっていた頃は毎日7,8時から22時くらいまで働いており、

繁忙期になるとオフィスで日付が変わることもしばしばでした。

 

商材が教えてくれたスキャルピング手法は

5分足1枚でチャートをチェックしてトレードと決済をする手法だったのですが、

僕には仕事をしながら5分足のチャートをチェックすることがそもそも難しかったのです。

 

スキャルピングのトレードをやったことがある方なら分かるかもしれませんが、

スキャルでは5pipsや10pips程度の細かい値幅を狙います。

 

なので、エントリーと決済でローソク足が1本ずれるだけでも

利益だったトレードが気付いたら損失に変わってる、ということもよくあります。

ローソク足が1本確定するその5分が極めて重要なのです。

 

僕は仕事をしながらチャートを監視することはできませんでしたし、

サラリーマンの傍らで機敏なトレードに取り組むことも無理でした。

 

手法がそもそもライフスタイルに合致していなかったんです。

そのことに後から気付かされました。

 

 

というふうにこれはあくまでも僕の例ですが、

FXと上手に付き合っていく上では

ライフスタイルとトレードスタイルを上手に融合させることが必須です。

 

商材の手法が悪いわけではないんですよ。

また、トレードをする人が悪いわけでもないんですよ。

 

ただ、トレードをする人のライフスタイルと手法で

調和が取れていないと利益は出せない、ということなんですね。

 

ここは結構重要なポイントなのですが、

セミナーなどの懇親会で参加していろんな方とお話しすると

ここを意識している方が少ないな~と思います。

 

かくいう僕もメンターと出会う前までは

この問題をしっかり認識することができていなかったのですが

実際にトレードで利益を重ねられるようになると

なおさらここが大事だな、とよく思います。

 

 

じゃあどうやってライフスタイルに合うトレードスタイルを手に入れたらよいの?

ということですが、

ここは人それぞれのところですので

細かいところは各々で調整するしかありません。

 

しかしおおまかな指針としては、以下3点を考えると

おおよそどんなトレードが自分に合うのかが理解できるかと思います。

 

①1日で無理ない範囲でトレードに使える時間はどの程度あるのか

②狙っているポイントが近付いたときに

どのくらい頻繁にチャートをチェックできるのか

③チャートをチェックできる時間は特定の時間帯なのかどうか

 

 

①のトレードに使える時間ですが、

これは長くても短くてもそんなに問題ないですね。

前回も書きましたがチャートを見る時間の長さと利益率は単純に比例しません。

 

トレードをする前にしっかり戦略さえ立てておけば

実際にトレードする時間はさほど長くなくても問題ではありません。

指値や逆指値などのように放置しても問題がない注文方法も使えますしね。

 

 

②のチャートを見ることができる時間ですが

トレードをするポイントが来たときに

15分~30分程度まとまってチャートを見ることができるなら

1分足、5分足、15分足などの短期足でのトレードもじゅうぶん可能です。

 

しかしそれが難しいなら1時間足以上の足でトレードすることがオススメですね。

 

(僕もサラリーマンの頃は頻繁にチャートチェックすることは無理でしたので

どんなに短い足でも1時間足が限界でした)

 

また短期足でトレードする場合で、

狙っている価格に来たときにいつもチャートをチェックしなければならないのか?

と聞かれれば決してそんなことは無く、

チェックできないなら「そのエントリーポイントは諦める」

という選択肢もじゅうぶんアリです。

 

狙っている全てのトレードをしなければならない理由はどこにもありませんので、

そのあたりは柔軟に考える必要があります。

 

 

③のチャートを見られる時間帯は

トレードをする通貨ペアや戦略が変わってきますね。

 

どう変わるかは、その時に相場を主導している通貨ペアによっても違うので、

「日本時間の夜しかチャートが見られない」

=「ドルストレートでトレードするのが良い」

などのように単純な話しではないですが、

自分がどういうトレードをしたいかで変わってくるところです。

 

狙っている通貨ペアの中でもレンジを狙いたいのか、トレンドを狙いたいのか、

などでも違いますが、そのあたりは過去検証で見極められます。

 

 

いずれにしても大事なのは、

①の無理ない範囲でトレードをする、ということですね。

 

ここを守っていないと自分の本業や生活へ

また同居しているご家族や周りの方がいれば、その方へ

直接的に悪影響を及ぼすことは必至です。

トレードをする上で無理は禁物です。

 

資金を増やしたいから、あるいは幸せになりたいからトレードをしているのに、

トレードをすることで自分や周りの人を不幸にしてしまっては本末転倒です。

なので、ここは最も大事に考えるべきところですね。

 

 

ちなみに僕は専業トレーダーですので

ある程度自由にトレードに時間を使うことは可能ですが、

「副業だと大きな利益を上げるのは無理でしょうか?」

と聞かれれば、決してそんなことはありません。

 

僕のメンターの一人でサラリーマンとの副業トレーダーの方がいますが、

その人は本業と両立してトレードで月利数百%を出します。

 

(その方は専門職で、雇い主と交渉して本業に差し支えない範囲でなら

合間にトレードしても良いと事前に許可をいただいてるとのことでした)

 

いずれにせよ、戦略を立てる事前の環境認識であったり

一つ一つのトレード技術レベルを高めたりすれば、

利益を高めるのに専業か副業かは関係がないなと思います。

 

 

ということで、今回は

・自分のライフスタイルに合わせて無理なくトレードする

について紹介しました。

 

大事な点なので、ぜひ意識してみてくださいね!

 

 

ここまで5回にわたって

僕がふだんトレードで意識していることを紹介してみましたが

いかがでしたでしょうか。

 

紹介した内容を最後にもう一度まとめますと、

・長期足の波形を理解することで

 価格がどこからどこまで動きやすいかを事前に知る

・環境を認識できない相場ではトレードしない

・短期足トレードにおける確実なリスク回避の考え方を知る

・短期足を使う目的を勘違いしない

・自分のライフスタイルに合わせて無理なくトレードする

ということでした。

 

 

僕もここまで数年間掛けて構築してきた内容ですので

いきなり全ての点をトレードに取り込むことは難しいとは思いますが、

参考にできるところがあればそこだけでも実践していただけると良いですね。

 

それでは、今回はここまでになります!

 

シリーズを読んでいただきまして有難うございました~

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人