FXの短期足トレードにおける確実なリスク管理と利益の積み上げ方

この記事は5分で読めます


 

 

こんにちは、津田です。

さて、今回は3つ目の項目ですね。

 

・短期足トレードにおける確実なリスク回避の考え方を知る

について紹介します。

 

 

短期足における特徴的な戦略・戦術はまだ紹介できていませんので

リスク回避以前にそちらをご理解いただくことが本来の順番的には先なのですが、

その内容は一瞬でさらっと紹介できるものではないので

まず先にリスク管理の内容だけでも紹介しますね。

 

いまは完全に理解できなくても、そういうものなのか・・・という程度で

認識いただくだけでもじゅうぶん価値がありますので。

 

短期足トレードの戦略・戦術は改めて体系立てて紹介しますので、

もう少しお待ちください!

 

 

さて、「短期足と長期足のトレードでは何が違うの?」

と言うことなのですが、

違う点はいくつかあるのですが、本当にざっくり言うならば

「短期足であればあるほど値動きが不安定になる」ということです。

 

これに尽きます。

値動きが不安定になる理由は、様々なトレーダーの思惑が交錯する相場だから、です。

 

短期足相場では非常に多くの市場参加者がいます。

目の前の値動きを狙っているスキャルパー

もうすこし大きな値動きを狙っているデイトレーダー

加えて、長期目線のスイングトレーダーたちも

短期足のどこかの局面では必ずエントリー&決済をします。

 

いろんなトレーダーが「短い時間軸の中」で売買を繰り返します。

 

 

長期足のようにある程度の長さの時間軸の中でおしなべて考えれば

値動きも平均化されて表現されるのですが、

短期足では平均化するには時間軸があまりにも短すぎるため

たった少し先の値動きでさえばらつきが大きくなります。

 

また、ところどころに存在する要人発言やファンダメンタルズの影響も受けますので、

それらによってもダマシやひげが頻発します。

 

長期足でスイングトレードする場合でも、正確に言えば

デイトレーダーやスキャルパーの影響は確かに受けます。

 

しかし、もともと狙っている値幅や保有時間の違いから相対的に言えば、

スイングトレードなら下位足でトレードする人たちは無視できる、とも言えます。

 

そのあたりをすべてひっくるめて考えると、

値動きの読みやすさだけで言えば

長期足よりも短期足の方がはるかに読みにくいのは事実です。

 

なので、短期足のトレードではそのことを前提にトレードする必要があります。

 

 

じゃあそんな中でどうやって効率よく利益を積み上げていくの?ということですが、

その手段のひとつが「分割決済」ですね。

 

エントリー時は徹底的に環境認識ができますし

状況を絞れるのでベストポジションでエントリーできますが、

 

一方で、決済は常に変わり行く環境の中しかも先が読みにくい変化なので、

相場状況に合わせて流動的にポジションを確定していくという決済方法です。

 

過去検証に取り組むときに分割決済をやるのとやらないのとで

パフォーマンスを比較してもらえれば分かりますが、

利益の積みあがり方が多少なりとも変わってきます。

 

先が読みにくい短期足相場ではひと手間加えてでも分割決済をした方が

効果的に利益を積み上げることができます。

 

 

僕がこの分割決済の重要性を意識し始めたのは

実はトレードをしているときではありませんでした。

意外かもしれませんが、北アルプスの山を登っているときでした。

 

趣味でトレッキングをするのですが、山を登りながら

「相場でのリスク管理と山の登り方って似てるなー」と思ったのです。

 

北アルプスのように3,000m級の山を登りますと

山頂付近では急峻な角度で登る場所も出てきます。

そういう場所では滑落を防ぐためにカラビナを装備して登るんですね。

カラビナっていうのは、つまり命綱です。

 

たとえば下の写真は富山県から登った剱岳ですが、

山頂へのルートの手前にはほぼ垂直にそびえたつ50m近くの絶壁がありまして、

ここを登るわけです。

 

 

鎖場となっているのですが、

ここで万が一足を滑らせると高低差1,000m程度は真っ逆さまに滑落します。

(冗談ではないですよ・・・笑)

 

事実、年に何人かの方が滑落する危険なポイントですが、

そういうところを安全に登るためにカラビナを掛けられるポイントがいくつもあるんですね。

 

カラビナを掛けようとすると足場の確保以外にも掛けたり外したりしなければならないので、

確実に手間がかかります。

 

面倒な作業なのですがカラビナをかけることで自分の命が確実に守れます。

 

なので、次の一歩が難しいと感じる場面は、安全を確保しながら一歩一歩着実に登るわけです。

 

 

短期足でトレードするときのリスク管理でも状況はかなり似通っています。

 

短期足相場は先ほども書きましたとおり、

いろんな市場参加者が交錯する場なので値動きが粗いです。

 

急上昇した後に急下落することもそれなりにあります。

その動きは読めないこともしばしばです。

長期足に比べたら危険度が高い相場です。

 

そんな相場でも継続して利益を出すためには、

利益が出た後に段階的に決済を入れていけば安定して利益を作れるわけですね。

 

まさに、危険な場所で滑落しないようにカラビナを掛ける感じです。

 

 

また、急峻な斜面を登るにあたって大事なポイントは

「一気に登ろうとしないこと」です。

焦らず一歩ずつ着実に登った人だけが山頂まで登れます。

 

「こんな危険な場所ははやく登りきりたい!」

「はやく恐怖から逃れたい!」

という気持ちでカラビナもかけずに一気に登ろうとするとたいてい足を滑らせます。

 

短期足相場も同じで、

「一気に○pips取りたい!」

「一気に○万円が欲しい!」というふうにはやる気持ちで向き合うと、

たいてい返り討ちにあいます。

 

そんな簡単に願望どおりには価格は動かないのです。

 

(正確に言えばそのように一直線で動く相場もあるのですが、

たった数回出現するその相場がトレーダーに幻想を抱かせ正確な判断を鈍らせるのです)

 

 

1回のトレードで目標額まで一気に獲得する必要はありません。

相場は明日も明後日も1週間後も1ヵ月後も続きます。

 

ちょっとずつでも確実に利益を残した方が、最終的には大きな利益が出せるのです。

 

短期足に取り組む際は、その点はじゅうぶんに気をつけたほうが良いと思いますね。

 

 

ということで、今回は

・短期足トレードにおける確実なリスク回避の考え方を知る

について紹介しました。

 

 

分割決済の具体的なやり方についてはいくつかあります。

 

そもそも何分割にして決済すればいいのよ?と思われるかもしれませんが、

これは相場状況に合わせることが大事なので

一概に○分割が良いですよ!とは言えません。

(逆指値を置く位置が固定ではないのと同じ理由です)

 

トレーダーのトレードスタイルによっても変わりますので

そのあたりは個人で検証してみるしかないですね。

 

しかしそもそも短期足でトレードする前には

長期足のトレードで確実に利益を残せることが必須ですから、

まずはそこまでのレベルに確実に到達して

短期足をやるようになってから検証に取り組めば大丈夫ですね。

 

そこまでは、一歩ずつ確実に相場の山を登りましょう!

きっと山頂で絶景が待っていますよ。

 

みなさんの参考になれば幸いです。

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人