【FXで大事な心構え④】 弱者はいかに闘い、いかに勝つべきか。 現実をどう認識し、戦略を練るかですべては決まる。

この記事は5分で読めます


 

こんにちは、津田です。

 

今回は前回に引き続きまして、

・環境を認識できない相場ではトレードしない

について紹介しますね。

 

これは「根拠のない場所ではエントリーしない」とも言い換えられるのですが、

その理由は大きく2点あります。

今回はそのうちの1つを紹介しますね。

 

 

以前に、相場には3つの状態があると書きましたが覚えていますでしょうか。

 

それは、

・トレンド(アップトレンド、ダウントレンド)

・レンジ

・トレンドレス

でしたね。

 

そして、価格変化に一定の規則性が見られるのはこの中でも

・トレンド(アップトレンド、ダウントレンド)

・レンジ

になります。

 

なので、この相場を狙ってトレードすると効率よく利益を作ることができるよ

ということでした。

 

もうひとつの

・トレンドレス

は極端に言えばぐっちゃぐちゃの相場で、規則性がよくわからない相場のことです。

 

 

ここまで紹介しましたとおり、例えば波形の高値・安値に注目すれば

ダウ理論などを用いることで相場環境を認識できます。

 

トレンドレスは高値安値が無秩序に上下を行ったり来たりしているので

どう価格が動いているのかさっぱりわかりません。

 

そのような相場で環境を適切に判断できますでしょうか?

僕には判別できません。

だからトレンドレスではトレードを控えるのです。

 

 

裏返しで言えば、

トレードで確実に利益を積み上げるには自分が環境認識できるチャートだけを選んで、

そのチャートでエントリーチャンスが来たときだけ

全力でエントリーするというトレードスタイルですね。

 

言われれば誰もが納得できると思いますが

トレードする上ではこれがもっとも大事な考え方だと思います。

 

 

「チャートを好き勝手に選んでトレードができる」というのは

実は僕たちのような個人投資家にだけに与えられている特権です。

お気付きでしたでしょうか?

 

当たり前のこと過ぎてよく分からないかもしれませんが、

「チャートを選択できる」、つまり、

「勝率が高いところだけを絞ってエントリーできる」ということは

それだけで優位性が高い行為になります。

 

もしみなさんが会社に雇われている専業トレーダーである場合

会社からは毎日利益を出すことを求められますので毎日トレードをしなくてはなりません。

相場環境がどんなにぐっちゃぐちゃであったとしても、です。

 

極端に言えば、相場環境を選ぶことができません。

 

多少トレードしにくい相場であってもお給料をもらっているので

毎日利益を狙ってトレードしなければなりません。

 

トレードしにくくてもトレードしなければなりませんから

これはある意味、圧倒的不利な状況にいるとも言えます。

 

 

しかし個人投資家であれば、

トレードしにくい環境ならトレードしなくたって一向に構いません。

 

1日ノーエントリーだって構いませんし、1週間、1ヶ月間トレードを中断しようが

その個人に支障がない限りいつトレードしても自由なのです。

自分がトレードしたい相場環境だけを選んでお気楽にトレードすることができます。

 

この点はとても大きな特権なので個人投資家であればしっかり念頭に置くべきですね。

 

 

話が少し変わりますが、みなさんは野球の野村克也さんをご存知でしょうか。

 

いま御年80歳ですが「野村監督・ノムさん」と呼ばれて

TV・メディアで広く愛されていますね。

 

ご存じない方にも簡単に紹介しますと、現役のときは捕手(キャッチャー)として

いくつもの日本記録を打ち立てた歴代No.1捕手であり、

現役引退後はいくつかのチームで監督を務めたのですが

その監督業でも素晴らしい手腕を発揮した「努力の人」です。

 

 

監督時代は特に、

他チームでお払い箱(クビ)となった選手を自軍に引き入れて

自ら指導してはその選手が過去に残した最高成績(キャリアハイ)を

上回るパフォーマンスを引き出したことから、

その指導法に敬意を表して「野村再生工場」と名がつけられたほどです。

 

野球界においては稀代の戦略家でもあり、

「野球は頭でするもんだ」という言葉がノムさんの野球哲学をよく表しています。

 

ノムさんは監督時代に弱小チームを預かることが多かったのですが、

チームミーティングで選手たちによくこう説いたようです。

 

「弱者はいかに闘い、いかに勝つべきか。

現実をどう認識し、戦略を練るかですべては決まる。」

 

自分たちが置かれている立場や状況をわきまえて

自分たちにできる準備に全力で取り組みなさい、という

戦略家の野村監督らしいアドバイスですが、

これはトレーダーの世界でも同じように当てはまります。

 

 

トレーダーの世界でも個人投資家は圧倒的に相場弱者です。

 

・資金量はファンドに比べれば圧倒的に少ない

・資金的に市場で意図的に価格を動かすことはほぼ無理

・最前線のディーラーに比べれば執行スピードは極めて遅い

・ファンダメンタルズ情報など最前線の情報にも乏しい

 

資金面や情報面だけを見れば

個人投資家が業者・フロアトレーダーに勝てる要素は0です。

 

そんな個人投資家が業者・フロアトレーダーと同じ相場でトレードすることは、

近所の草野球チームがプロ野球の1軍チームと真っ向から戦うようなものです。

 

結果がどうなるかはみなさんご想像の通りで、

1回表裏の攻防だけでコールドゲームになるでしょう笑

(点差が離れすぎてゲーム途中で強制終了になること)

 

しかし、そんな個人投資家もひとつだけ大きな武器を持っています。

それが先ほど紹介しました「トレード環境を選べる自由」なのです。

 

そしてその1つだけの武器でもしっかり使いこなすことができれば

プロ1軍のチームにも負けずに相場で着実に利益を積み重ねることができるわけです。

 

ノムさんの言葉を借りれば

「弱者は弱者なりの戦い方をすればよい」のです。

 

 

僕も今のトレードでは、

基本的に4時間足や1時間足で狙っているところまで

価格が寄ってこなければトレードはしないです。

 

エントリー回数はかなり絞られるため

1日1~2回程度しかまともにエントリーしませんが、

それでも利益は確実に出せるのでそれで十分だと考えています。

 

トレードをする目的は「利益を増やすため」であり、

少ないエントリーチャンスでもそれを確実にものにできればそれで問題ありません。

 

自分が相場弱者であることをしっかり認識してトレードすれば

個人投資家でも着実に利益につなげられるので

その点を徹底的に意識してトレードする、ということですね。

 

 

ということで、今回は、

・環境を認識できない相場ではトレードしない

について戦略面から紹介しました。

 

これについてはもう1つ紹介したい内容があるのですが

長くなってしまったので次回に改めますね。

 

 

みなさんの参考になれば幸いです!

 

 

PS.

ノムさんは僕が敬愛する野球至上最高の選手であり監督です。

引退後にいくつも著書を出していますがほぼすべて読みました。

(追っかけて地方の講演会に参加したこともあります笑)

 

ノムさんは中国古典「菜根譚」を徹底的に読み込んだそうで

人としての在り方・生き方・考え方・品格の磨き方などわかりやすく教えてくれます。

 

努力家は分野を超えて活躍するといいますが、

ノムさんは僕が目標にしている人でもあります。

ご本人にお許しをいただけるのであれば、

僕の人生を指導してくれたメンターの1人と言いたいですね。

 

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人