【FXで大事な心構え②】 なりたくない自分を考えて、なりたい自分を想像してみる

この記事は6分で読めます

Pocket

 

こんにちは、津田です。

今回は前回紹介しましたSさんへの質問について続きを紹介しますね。

 

前回紹介した内容に続いて僕がSさんに聞いた3つ目の質問は、

「モチベーションを高く保つ秘訣について」でした。

 

 

Sさんはこれまでメルマガで紹介したとおり

順番に沿って過去チャートを一つずつ検証してくれました。

 

一つずつ順番に学習することで

チャート上で分析できる情報が徐々に増えていったのですが、

それでもFXの検証って地味な作業の連続ですよね。

 

 

パソコンのチャートに向かって、カチカチカチカチ…

ただひらすらクリックを繰り返して相場と睨めっこする。

 

一歩引いて傍から自分を見たとすれば、なんて酔狂な作業なんだ!と僕は思います笑

 

また、検証作業が地味であるがゆえに、トレード学習を始めるころは特に

みなさんここで挫折することが多いようです。

 

 

しかし、過去検証をじゅうぶん積んでいないままリアルトレードすると

どうなるかは想像に難くないことです。

 

中途半端なポイントでエントリーしてしまうので負けを繰り返す。

負けを繰り返しているとそのうちメンタルがやられて資金管理もおろそかになる。

1回のトレードで大きな負けをくらってしまい気付けば相場から強制退場させられる・・・

 

こうなる人が大多数です。

 

 

Sさんはそのように目先の利益を追って中途半端な力のままリアルトレードすることはなく

しっかり自分の頭で考えながら過去検証に取り組めていることは事実なのですが、

そうは言ってもここまで精力的に取り組めた理由って何なのだろう、と

気になったので聞いてみました。

 

質問とそれに対するSさんの回答を以下に紹介しますね。

 

 

↓質問&回答ここから

 

————————————————————–

 

【質問】

3.FXの検証作業は地味な作業なので、挫折する方も多いです。

挫折しないためには目的意識を明確にできていないと

継続することが難しいと僕は思っているのですが、

Sさんがモチベーションを高く維持できているコツは何かありますか?

 

【Sさん回答】

何のためにFXをやろうとしているのか

学習をやめた場合はどうなるのかをよく考えています。

その度に「やめないで必ず達成する」という結論を選んでます。

そのために「やらなければいけないことはなにか」と自問すると検証・練習となるので

地味な作業が意義あるものに必然的になってます。

 

メンタル以外の作業的には、検証データをエクセルにきちんと記録することです。

そうすると、必ず結果が目に見えます。

目に見えると、もっともっとデータを蓄積し

傾向や確率を把握したいと意欲がわいてくるのです。

 

また、それ以上に重要なのが、結果を先生にみてもらうことだと思います。

道をはずれているのかいないか、常に確認する必要があると思います。

そうすることで、1歩でも前進しているという実感がわき

次の課題を達成している自分をイメージでき、

そこに早くいきたい頑張るぞ!という気持ちになれるのです。

 

————————————————————–

 

↑質問&回答ここまで

 

 

 

Sさんはモチベーションを保つコツとして

「何のためにFXをやろうとしているのか

学習をやめた場合はどうなるのかをよく考えています。」

と答えています。

 

これはとても大事なことですね。

 

学習をやめた場合の自分を想像する

→ なりたくない自分になる

→ なりたくない自分にならないために今できることにしっかり取り組む

 

まとめると、こういうことだと思います。

 

 

目標の立て方について、

神田昌典さんの著書「非常識な成功法則」ではこのように紹介されています。

 

 

↓ここから

 

————————————————————–

 

ベティ・エドワーズという美術教師がいる。

絵を教えることについては、天才的な人だ。

 

彼女は言う。

 

「親指を描きたいなら、親指を描こうとしてはいけません」

「親指を描くなら、親指の周りの空間を描きなさい」

 

これに、私のプロセスを当てはめるなら・・・・・・。

 

「やりたいことを見つけたいなら、やりたいことを見つけようとしてはいけません」

「やりたいことを見つけるなら、やりたくないことを見つけなさい」

 

ということなんだ。

 

つまり、「やりたくないこと」を明確化することによって、

本当にやりたいことが見つかる。

 

それは、あなたの潜在的に思っている願望を引き出してくれる。

 

————————————————————–

 

↑ここまで

 

 

Sさんの目標の描き方もそうですが、

先に「FXをやめた場合」、つまり「なりたくない未来」を考えることで、

いま本当に何をするべきか、を考えています。

 

このアプローチには他にもメリットがあって、

なりたくない自分にならないためにうまく反骨心を引き出して

その力を借りて前向きになっているともいえますよね。

 

 

この作業は、紙に書き出すことでより効果的だと

神田昌典さんが紹介しています。

実際に僕もやってみて、効果を実感してます。

 

 

Sさんは2点目に

「データでまとめることの重要性」について指摘しています。

 

これも大事ですね。

 

記録を残すことで自分の頑張りが数字に反映されるので

モチベーション維持に繋がる、ということですね。

 

僕もトレード日誌は欠かさず書いていますが

自分のトレードを視覚化でとらえることは大事なことです。

 

トレード記録を残すことで

データを客観的に見ることができるのは大きなメリットです。

 

データは嘘をつきません。

事実をありのままに示してくれます。

 

 

トレード日誌の書き方については改めて紹介しますが、

トレード記録をしっかり残していると自分の勝ちパターン、負けパターンがわかるので、

それをもとに自分のトレードスタイルに合うルールを

作ったり改良することも可能になります。

 

これもぜひ取り組むと良いですね。

 

 

そして3点目に

「メンターに見てもらうことの重要性」とのことですね。

 

メンターに見てもらうと言っても、

「人とのめぐり合わせは運も絡むからそもそもメンターを見つけるのが難しいでしょ!」

そう思っていませんか?

 

僕は実はそうは思っていません。

 

人との出会いで一つだけ確かなことがいえるのは、

運命となる相手を見つけられるのは完全な運ではなく

自分の努力によるところも大きい、ということです。

 

「引き寄せの法則」で考えてもそうですよね。

 

自分が正しい方向へ向かって努力していれば、

人を引き寄せることって意外と難しくないんですよ。

 

逆に、自分が努力もせず魅力も持っていなければ

いくら良い人とめぐり会えたとしても波長が合わないので

引き寄せるには無理があります。

 

 

以前にここで紹介したとおりですが、僕は最初のメンターと初めて出会ったときは

僕がFXを勉強する姿勢があまりにも稚拙だったため、

大阪まで片道3時間かけて会いに行って会って10分で「帰れ!」と追い返されました。

 

会ったその場でまったくシンクロできなかったわけです。

 

そしてもし本当にそのまま帰っていたら

たぶんFXで勝てるようにはならなかったでしょう。

 

僕は「帰れ!」と言われても

FXで勝つためのキッカケがどうしても欲しかったので、

短時間でしたが自分に何が足りなかったのかを真剣に考えて

全力でその課題に取り組み、真摯に向き合ってみました。

 

どうにか波長を合わせられないかと試みたのです。

 

課題としっかり向き合うことでそこから生まれてきたものをメンターに見てもらい、

その結果初めてFXについて教わることができました。

 

 

もし「帰れ!」と言われたときに、

「あんな人と二度と会うもんか!」とふてくされていたら

たぶんそこまでだったでしょう。

 

メンターの波長にわずかでも合わせられないかと無い頭を捻りつくして考えた結果

辛うじてシンクロできて、FXについて教わることができたわけです。

 

要は、頭を使って正しく努力して頑張ることができれば

何とかなるんだな、ということです。

 

でもそれはFXでなくても何でも同じですよね笑

 

 

ということで今回はSさんが短期間で成長できた理由について

質問と回答をもとに紹介しました。

 

参考にできる部分はいろいろあったと思います。

 

 

参考にできる部分を取り込めればあとはもう自分次第ですよね。

 

自分の目標に向かってやるの?やらないの?

ただそれだけです。

 

前向きに取り込んで行動してみましょう!

 

みなさんの参考になれば幸いです。

 

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • Yaemori
    • 2015年 9月20日

    こんにちは、突然失礼します。
    最近の記事とても共感できることが多く、思わずコメントさせていただきました。


    私も小さい子がいて平日は保育園に預けてせどりとFXの勉強をしています。
    最初は家で頑張れば見れるかもしれないのに子どもを預けることに罪悪案がありましたが、
    今は人は人、自分は自分という考え方ができるようになって、だいぶ乗り越えられました。
    Sさんが同じようにお子さんを預けてFXの勉強を頑張っているのを、嬉しいと思いました!


    家事や育児ってなぜか仕事とは別物のように考えてしまいますが(私はそう考えがちです)
    人に頼めるところは頼むというのは大事な考え方ですね!


    検証データをエクセルに記録するという話がありましたが、具体的にはどういったことを記録するのでしょうか?
    リアルトレードではないので、どこを記録するべきなのかな~と思いました。
    私はエクセルでデータをまとめるのが好きなので、もしよければ教えていただきたいです。

    • 津田 俊之
    • 2015年 9月21日

    Yaemoriさん、こんにちは。
    コメントをいただきまして有難うございます。
    今回の記事が参考になったようで良かったです。

    >今は人は人、自分は自分という考え方ができるようになって、だいぶ乗り越えられました。
    本当にその通りですよね。
    自分の人生を生きているのは自分なので、自分がどうしたいのかですよね。

    ご質問のエクセルの記録についてですが、Sさんは過去検証で下記点についてまとめていますね。

    ・エントリーの通貨ペア
    ・ポジションの向き(ショート、ロング)
    ・エントリーの日付、時間
    ・エントリーの価格
    ・エグジットの価格
    ・ストップロスを入れる価格
    ・ストップロスまでのpips
    ・決済したpips(1トレードごと)
    ・通算損益pips(トレード通算)
    ・エントリーごとのリスクリワードレシオ
    ・エントリー根拠(コメント)
    ・エグジット根拠(コメント)

    僕のトレード記録のつけ方も改めて紹介しますが
    Sさんとほとんど同じ内容について記録をとっています。

    記録をとるときのポイントは、
    「負けトレード、勝ちトレードの共通点を探すことができる内容を残す」
    と言うことですね。

    それをもとに再現性のあるトレードが組み立てられるからです。

    以上、参考になれば幸いです。

    • Yaemori
    • 2015年 9月21日

    津田さんありがとうございます、かなり詳細に記録をつけていくんですね。
    これだけデータがあれば、共通点を探せそうです。

    私はまだエントリーの検証はしていないので、始めたら記録をつけていこうと思います。

    • 津田 俊之
    • 2015年 9月22日

    Yaemoriさん

    そうですね、FXのトレード記録は物販で言えば売上管理シートのような内容になりますね。

    売上管理シートは収支を管理したり確定申告するためにデータをまとめる目的がありますが、
    あとでデータを振り返ってみればどの仕入れジャンルが利益率が高くてそこにどういう傾向があるのか
    クセを見直すことでより効果的な戦略を組んで効率的な運営ができますよね。

    FXも同じ感じです!
    参考になれば幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人