注目するべきローソク足の種類とは

この記事は2分で読めます


 

こんにちは、津田です。

 

今回は、「戦術」の内容紹介になります。

「酒田五法から見るローソク足」について紹介しますね。

 

 

酒田五法の考え方は順張り・逆張り、エントリー・決済を問わず

相場に応用できますので、

僕自身も有り難く使わせていただいています。

 

 

結局、僕たちがトレードを執行する時は、「価格が伸びているとき」ではなく

「価格が押し・戻り・反転を形成した直後」なので、

後者に特徴的なローソク足の形状をまずはしっかり理解しましょう、という話しです。

 

 

酒田語法の基本的な考え方は、江戸時代の米相場師である本間宗久が編み出した

と伝えられています(諸説あるようです)。

 

200年の時を経ていまなお普遍的に使えるということは

それだけ相場の原理に根付いた「思考法」であり、

その考えを編み出した本間宗久は本当に偉大な人物だなと感じます。

(ちなみにローソク足の考案者も本間宗久と言われています)

 

長い年月の間、相場という、最も過酷な環境化のひとつにさらされながら

それでも生き残った「思考法」ということは、それだけ学ぶ価値が高いと言えますよね。

 

 

それでは今回も動画解説からになります。

 

 

■動画の要点

・チャートポイントにおけるローソク足の形には意味がある

 

■覚えるべきローソク足の形

・つつみ足

・丸坊主

・毛抜き(毛抜き底、毛抜き天井)

・十字線

・明星(明けの明星、宵の明星)

 

■どこに注目すればよいのか

・チャートポイント上で現れるローソク足には意味があるので

そこで形成される「ローソク足の形」に注目する。

 

※ローソク足の形だけを見れば、チャート上のいたるとことに出現するが

意味のあるチャートポイント以外で現れるものは優位性が低いので、

気にする必要はほとんどない(それらは単なるノイズに等しい)

 

 

 

ということで、覚えるべき形は限られているので

それらを覚えて過去チャートで検証することで実践で使えるようになりましょう!

ということですね。

 

みなさんの参考になれば幸いです!

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人