ダウ理論を実践で使うために ~MT4過去チャート検証編~

この記事は1分で読めます

Pocket

 

こんにちは、津田です。

 

前回はダウ理論の基礎について紹介しましたね。

 

今回は実際のチャートを用いながら

ダウ理論で環境認識する際のポイントや注意点について

紹介しようと思います。

 

動画で撮影しましたので、ご覧ください。

 

 

■動画の要点

ダウ理論でのトレンド・レンジ・トレンドレスの認識について

 

■理解するべき内容

・トレンドの開始地点・終了地点は明確か?

・レンジの開始地点・終了地点は明確か?

※レンジとトレンドはお互いが場面を補完するように出現することを理解する

 

■注意点

・「トレンド、レンジ開始地点=エントリーポイント」ではない!

(特に、ブレイク飛び乗りは危険極まりない)

・必ずしも水平線だけで相場を理解できると言うことではない

(ダウ理論も、完璧な理論ではないことを認識する)

 

・識別性を高めるためには、練習あるのみ!!!

 

 

 

模式図でダウ理論を見るのと、

リアルチャートでダウ理論を見るのとでは、

もしかしたら最初はずいぶん感覚が違うかもしれません。

 

僕は最初この検証に取り組んだとき

慣れるまでにそれなりに時間を費やしました。

 

特に、実際のローソク足の動きでは一過性のダマシの値動きもあるので、

それらの細かな動きに惑わされないことが重要です。

 

大事なことは、長期足の波形認識と同様に

「ざっくり見る」ということになります。

 

感覚が体に染み付くまでチャート検証を繰り返しましょう!

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人