ケッティーさんのFX教室に参加しました ~マインドセット(心構え)編~

この記事は4分で読めます

Pocket

 

こんにちは、津田です。

さて今回はケッティーさんの東京セミナー2日目「マインドセット編」について書きますね。

 

ケッティーさんがFXをなぜやるのかという理念のもと、

ご自身の体験談をとても分かりやすくお話し聞かせていただきました。

 

 

で、マインドセットの話しにおいて

先にこれだけは書きたいなと思うので、そちらから書きますね。

 

 

FXで安定して継続的に勝っている人って、

トレーダー全体から見たら少ないかもしれませんが、探せば確実にいます。

僕もメンターを数人自力で探しましたし、探そうと思えばいることは確かです。

 

そして、その方たちにマインドセットの話を伺うと、

100人いれば100人がきっと違う話をしてくれます。

 

なぜなら、

どうやってトレードに取り組んできたのか

バックグラウンドが一人ひとり異なるからです。

 

そして大事なのは

「その全ての方たちの話しが参考になるところがある」ということです。

 

裏を返すと、

もし目の前に一人の勝ち組トレーダーさんがいるとしても

「この人が話す内容がマインドセットのすべてだ!」

ということではないのです。

 

ここってとても大事だな、と

これまでいろんな方々のお話しを聞きながら感じていました。

 

 

僕の理想で言えば、

もし100人の勝ち組トレーダーさんがいるならば

その100人と積極的にお話しを聞いてみれば良いと思うんですよ。

 

で、そうすると当然、

「あーこの人の言う○○の部分はよく分かるな」とか

「ん?なんかこの人の言っていることは(いまは)よく理解できないや」とか

でてくるはずです。

 

自分に合うから良い、とか、

自分に合わないから悪い、ではないんですよ。

 

自分と相手とバックグラウンドが全く違う中でトレードしていたら、

参考になる部分もならない部分もやっぱり出てくるんです。

 

だから、それを理解した上で、とりあえずひたすら多くの方と会って

話を聞いてみて、自分で活用できそうなマインドセットを見つけて

それを前向きに取り入れていければ良いと思うんですよね。

 

もちろん、更新も随時必要になるでしょう。

自分自信もトレーダーとして進化していきますから、

むかし理解できていた話しがあるときから違和感を覚えることもあるはずです。

 

 

トレード手法だって、スキャルやらスイングやらなんでもありますが、

自分のライフスタイルに合わせた上で自分のルールを作って

それで自分が勝てれば問題ないですよね。

 

スキャル=良い、とか、スイング=悪いとか、の話しではないですよね。

大事なのは「そのトレーダーに合っているのかどうなのか」です。

 

マインドセットも同じなんじゃないかな、と

僕は勝ち組トレーダーさんの話を聞くたびに思いますし、

ケッティーさんの今回のお話しを聞いてもやっぱりそう感じました。

 

 

 

ということで、少し前置きが長くなりましたが、本題ですね!

 

セミナーでは

「引き寄せの法則」「ホ・オポノポノ」について

ケッティーさんの体験をもとにお話しされていました。

(セミナーは後日動画でアップされるようですので、気になる方はそちらを見ましょう)

 

引き寄せの法則で、僕は再度勉強になったなぁと思ったのは

目標設定の作り方でした。

 

目標を作ったあとに、「忘れる」ことの重要性。

 

 

引き寄せの法則で考えれば、

目標を立てたとしても、自分がその目標を強く願えば願うほど、

「願う自分を引き寄せてしまうため、結局願いは叶わない」。

 

これを正しく認識することは大事なんじゃないかな、と思います。

つまり、メタ認知ですね。

 

 

トレードをする前には執行足の上位足からまずは環境分析しますよね。

 

でもマインドセットの観点から言えば、

そもそも長期足の相場環境を分析する前に

「トレードをする自分自身」について自分で正しく状況分析できていなければ

もはや話にすらならないのです。

 

(だから「なぜ自分がトレードをするのか」という目標を正しく作ることは

トレードで利益を残すための前提であり、

その目標が具体的でない限りはそのトレーダーの土台がグダグダなので

いくら頑張ってトレードしても負けるべくして負けてしまうのです)

 

 

 

 

また、全体を通じて感じたのは、

トレードをやっていると「感謝の気持ちが自然と持てるようになる」

ということでしょうか。

 

トレードって、パソコンやスマホだけで完結する作業なので、

ややもすると引きこもりの人に向いている根暗な作業と思われるかもしれませんが

パソコンで繋がっている先には全世界にいろんなトレーダーがいるわけですよね。

 

自分が買い注文を出せると言うことは

世界の誰かが売り注文を受けると言うことであり、

自分の目の前にその相手はいないかもしれませんが

相手がいるからこそ自分のトレードが成り立つ「ビジネス」なわけです。

 

 

だから、自分本位でしか相場が見えておらず、

そのほか大多数のトレーダーの意見を無視しても結局は勝てません。

 

例えば僕はサラリーマンのころ営業をやっていましたが、

得意先の人や関連先の人、また同僚や上司を無視して

「自分はこの仕事をこう動かしたいんだ!」と自分勝手に仕事しても

まーほぼ確実に大失敗しますよね笑

 

 

トレードも同じで、全世界のトレーダーの意見に耳を傾けて

それに同調することが勝つ上で大事なわけです。

 

 

ということはつまり、その人たちが何を考えているのか、

「相手を推し測る気持ち」はトレードをやる上で絶対に必要なんですよね。

 

トレードがビジネスである以上、相手に気を配れない人は

トレーダーとしても勝てるわけはないんです。

 

 

ケッティーさんが幸せを引き寄せるための手段として紹介していたのが

「1日1回ハグをする」でしたが、これは自分も分かります笑

 

言葉にすると難しいですが、

無償の愛というか、にじみ出る感謝の気持ちは

もはや言葉で描写する領域を超えるのかなぁと。

 

そういえば自分も飲み会とかで心がオープンになると

感謝の気持ちを伝えるために最後は無意識で男とハグしてるなぁ~

と思いました。

 

 

というわけで、セミナー最後はみんながハグして終わりました。

(変な意味じゃないですよ笑)

 

 

ということで、僕のアウトプットをまとめますと、

1.成功者にはどんどん会いに行っていろんな話を聞いてみよう!

2.トレード手法もマインドセットも、他人のものを完全に真似することは

できないから自分オリジナルのものを見つけよう!

 

ということでしょうか。

 

みなさんの参考になれば幸いです!

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人