FXトレードクイズ!(回答編)「エントリー後の利益確定の仕方について」

この記事は4分で読めます


 

こんにちは、津田です。

 

さて、今回は前回書きましたトレードクイズの回答編を書いていこうと思います。

まだ問題をご覧になっていない方は、問題編を先にご覧くださいね。

 

 

それではさっそくいきましょう!

 

 

利益確定、これは本当に難しい作業です。

 

まず相場における大前提としてこれだけは先に書きます。

 

それは

「安定して利益が出せるならどんなアプローチでもOK!」ということ。

 

アバウトすぎるわ!と言われてしまうかもしれませんが、これは間違いなく相場の真実です。

真実である以上、先に書かねばなりません。

 

安定して利益が出せる、というのはつまり、

「ある一定数以上の過去検証によって利益を生む精度が担保されている」

という意味ですが

そもそも過去相場の検証アプローチはトレーダーによってさまざまですよね。

 

僕のようにサポレジラインを重視してアプローチするトレーダーもいれば

ほかのテクニカルインジケーターを使うトレーダーさんもいるでしょう。

テクニカルではなくファンダメンタルズを根拠とするトレーダーさんもいるでしょう。

 

さらに、ファンダメンタルズも拡大解釈すれば、

「○○の国で気温○度以上の日が○日続いて、

過去から見ると○○の株が買われやすくなるのでその影響を受けて○○の通貨ペアは売りだ!」

とか、そういう分析もありうるわけです(↑内容は適当に書きましたが・・・)。

 

結果の精度が担保されている限り、

必ずしも自分が見ているチャートの中にダイレクトに根拠を求めなくてもいいわけです。

(というよりも、そこには答えが存在しないことすらありますから)

 

これは決してぶっ飛んだお話をしているわけではないですよ。

 

そのくらい、相場は複雑な要因が絡み合っているから、

参加するトレーダーもさまざまであり、それゆえ根拠もさまざまとなる

というだけの話ですね。

 

 

さて、その中でも僕はテクニカル分析をメインとしたトレーダーなので

その観点から考えを書かせていただきますね。

 

上述しましたとおり、やり方は何でも良いんです。

問題編では参考までにA~Fの選択肢を挙げましたね。

内容を振り返ると、

 

A.エントリー前に決めた目標金額を達成する場所(10万円、100万円など任意の固定額)

B.エントリーポイントから○pips離れた場所(10,20,50,100pipsなどの任意の固定幅)

C.エントリーポイントから○分・○時間・○日後など時間で決済(固定の時間)

D.アップトレンドが明確に終わる場所(環境認識でトレンドレスとなる場所)

E.アップトレンドが明確に終わりそうになる場所(トレンドに陰りが見える場所)

F.上記以外

でした。

 

これもその精度が担保される限りは、何でもいいんです。

 

やり方は何でもいいのですが、考えるべき問題は

「どのようなアプローチなら利益確定の精度が担保されやすいのか」

ということです。

 

一般的に相場では、

「ある地点において同意が多ければ多いほどあるほどそちらの方向へ価格が進みやすい」

ということは事実です。

 

なぜなら相場で形成される価格は市場に存在するポジション量の多数決に過ぎませんから

その時点においてどういう考え方がメジャーなのか、を検討することが重要です。

 

平たく言えば、

「客観的に見て市場に参加しているトレーダーたちはその相場をどのように捉えているのか」

ということですね。

 

 

さて、その「客観性」という観点で申し上げますと

先に提示しました選択肢A~Eの中には性質が異なるものがいくつか混じっていましたが

お気づきになりましたでしょうか。

 

それは、A~Cですね。

 

これらは、客観的というよりむしろ主観的です。

自分の主観を下に決定しているからです。

 

自分の主観だけで相場が動くことってほぼないですよね。

「この瞬間から価格が上がれ!」と自分がいくら願ったところで、

その瞬間から価格がバリバリ上がるなんてことほとんど無いですよね。

 

これは、主観で相場を動かすことができないことを意味しますし、

それが事実である以上、主観だけでトレードしても上手くいかないことが多くなります。

 

ただ、ここで注意しなければならないのは、

「主観によるアプローチが100%間違っている」ということではないんですよ。

 

ここはよく勘違いされてしまうところです。

 

これらのアプローチでも利益を残すことは可能です。

ただ、客観性が低いと言う意味では精度が低下するので当然確率も低下する、

というだけのこと。

 

相場に100%はありませんからね。

 

僕は客観性を保つという意味では

どちらかといえばDやEの決済方法で利益確定することが多いですね。

状況に応じてこれらを使い分けています。

 

ちなみに余談ですが、

僕はむかしは生粋のスイングトレーダーでしたのでDだけで決済していました。

しかし、短期トレードをやるようになってからは

これだけだと利益につながりにくいため、いまはDとEを組み合わせている

という感じです。(短期のトレンドはスイングほど伸びないので)

 

ということで、利益確定に関する僕の現状の考察は以上となります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ちょっと抽象的な内容もあったので、

もっと具体的に書いてくれよ!と思われる方もいらっしゃったかもしれません。

 

でも、考えてみましょう。

なぜトレードで利益を残せる人が少ないと言われるんでしょうか?

そんなに単純に具体化できるほど相場は簡単ではない、ということを意味しているのかなと。

相場が単純ならみなさんも僕もあっさりお金持ちになれているはずですよね笑

 

少しずつでも良いので、丁寧に物事を考えてみることが大事なんじゃないかな、

と僕は思っています。

 

「クイズ」とか「問題」というと、

僕たちはどうしても「○が正解のはずだ!」と選択肢を固定しがちですが

(学校教育でそういう教育を受け続けているので)

相場においてその考え方は最も危険な考え方です。

 

さまざまなトレーダーが市場に参加している以上、正解はさまざまあって当然ですし

安定して利益を出し続けられるならどんなアプローチでもOKだと思いますが

利益確定を丁寧に考えるだけでも検討しなければならない課題は無限にあるなぁ~

というのが僕の感想です。

 

そして、まだまだいろんな角度から勉強しているところです。

 

 

ということで、今回のクイズはここまでとさせていただきます。

ご参加いただきましてありがとうございましたー^^

 

今回の内容がみなさんの参考になれば幸いです!

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人