自分は何者でどこへ向かうのか、というレベルでFXトレードを俯瞰する努力

この記事は2分で読めます

Pocket

 

こんにちは、津田です。

先週末は自分が参加しているビジネスコミュニティの勉強会で大阪へ行ってきました。

 

やっぱりエネルギーが高い人たちが集まると得られるものも多いですね。

座学6時間と懇親会4時間はあっという間に過ぎ去りました。

 

なるべく大勢の参加者の方々と話そうと努力はするのですが

ひとりと深く話してしまうとなかなか厳しいですね。

関東方面の人はいつでも会えるし今日は話すのは後回しにしようと作戦決めていたのですが

それでも多くの人と話すのが難しかったです笑

 

いっそのこと泊り込み合宿とか良いな~とも思います。

 

 

さてさて、先日も記事で書きましたが、

何かをインプットした時は必ず同量同質以上のアウトプットが必要だと思っています。

それをしなければインプット効果は半減です。

 

なので、勉強会で得た学びをまとめました(アウトプット)。

文章で書くと長くなってしまうので、今回は動画にしました。

 

コミュニティに参加していない方にご覧いただいても

理解いただける内容になっていますのでご安心ください。

 

15分くらいで簡単にまとめようと思ったのですが

話しの後半で、マーケットの魔術師のひとりであるエド・スィコータの話をしたら

好きなトレーダーなので思い入れがあって長くなっちゃいました笑

 

マイケル・マーカスはスィコータこそ「トレーダーの心そのものだ」と言ったそうです。

確かにこのレベルで事象を俯瞰できたら、自分は何を為すためにこの世に生を受けたのか、

何をすべきなのか、ということが明確に理解できているのではないかと

そんな風に思えます。

 

自分もその境地に足を踏み入れられるように日々努力を重ねたいです。

 

 

 

トレードっていいですよね。

ただ勝ってお金儲けできてそれで終わり、というだけではなく

成長の過程でそういうこと含めて勉強させてくれるのですから。

そんなビジネスモデルって、なかなかないと思います。

 

 

PS.

先日の記事(マーケットの魔術師を使ったインプット&アウトプット)に関して

何名かの方に、スマホ使えば0円でできますよ!とアドバイスいただきました。

その通りでした!笑

0円でできます。

失うものは何もないので、どうぞご安心してやってみてください。

0円なら(リスク0なら)、もうあとはやるだけの話しですよね。

 

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人