トレードルールの作り方 ~中編 4時間足トレンドフォローマスター編~

この記事は5分で読めます

Pocket

 

今回も、自分がどのようにトレードルールを作成したか、

について続きを書こうと思います。

今回は、トレーダーとして自分の芽が出たまでの過程です。

 

前回は、15分足のトレードで相場にボコボコにされながら、

結局は4時間足に戻ってきた、というところまで紹介しました。

 

強制的に振り出しに戻された時は本当に惨めだったというか無力だったというか・・・

本当に、何から勉強していけば短期足でトレードできるのか全く分からず、

暗い闇の中をたいまつも持たずにただひたすら歩き続ける、という状態でした。

 

短期足では相場の急変に巻き込まれまくりで連戦連敗でしたから。

 

暗闇を歩いているといきなりサーチスコープを装着した暴漢が現れて

突如ボコボコにされる、みたいな状態でしたからね・・・笑

ホント、毎回身包みはがされて、山賊にやられるか弱い平民でした。

 

皆さんも経験あると思いますが、

トレードってお金を稼ぐのは超大変ですが、失うのは一瞬です。

 

なので、自分はもう一度1からきちんと勉強しようと思い、

まずはたいまつを探すところから始めました。

 

まず勉強方法ですが、ボコボコにされていた頃は巷にあるような

・1日10分で100pips稼げます!

・好きなときにトレードするだけ!

・3クリックで100万円ゲット!

みたいな商材もよく買っていました。

いまだにまだ存在しますよね、あれ・・・よく売れるな・・・笑

 

いまの自分から見れば、

そんなとこに使う金があるなら他に使うべきところあるよ!とアドバイスもできますが、

そのときの自分も自分なりに必死で勉強しようと思っていたことは確かだったので

「いやいや中身を見るまではわからない!次の商材こそは大丈夫なはず!」

といった感じで、いわゆる完璧なまでの商材ジプシーでしたね。

 

ただ、そんな商材を買う一方でちょっとずつ勉強方法を変えたこともありました。

同じことやってたって、同じことを繰り返すだけですからね。

いわゆる王道と呼ばれる書籍を読み始めるようになりました。

「マーケットの魔術師」なんかを読み始めたのがちょうどこの頃でしたね。

 

王道書籍が書いていることは、上記のような商材が言っている内容と相反するものだったので、

それはそれはもう混乱しましたが・・・

 

ただ、王道書籍がずーーっと売れ続けているからには何か理由があるはずだ、

と思って、ある意味では無心で読み続けました。

 

巷に溢れるネット商材は、ただひたすらエントリー手法を書き連ねているだけでしたが、

王道書籍は、手法どうのこうのではなく、

もっと高い視野・次元からトレードについて書かれていました。

そして、その違いについて、だんだん違和感を覚えるようになりました。

 

そのしばらく後、リアルに勝てているトレーダーさんを探して

自分から強引にアポイントを取り付けて初めて会いに行きました。

もっと劇的に自分を変えないと勝てるようにはなれない、と感じたからです。

このとき出会ったのが、自分の一番最初のFXお師匠さまです。

 

そのお師匠さまと出会い、いろいろお話させていただいたことで

これまで感じていた、巷の商材と王道書籍のギャップの大部分が解消できました。

相場で勝ち続けるなかで歩むべき正しい道をようやく理解できるようになったんです。

 

自分にとっては、まさにこのときが雲散霧消となった瞬間でしたね。

 

そしてお師匠さまと何回もお話しする中で、

4時間足でのスイングトレードの練習こそが未来へつながることに確信を持ち、

迷うことなくその道を進み始めました。

 

・・・とはいっても、それでもお師匠さまに会ってから半年くらいは

悪い癖が抜けずにアホなトレードも何回かやりましたが・・・^^;

 

しかし、その後4時間足の検証を取り組むにつれて負けなくなったことは確かでした。

その頃からは、一般的にネットで売られているような商材には見向きもしなくなりましたね。

 

そんな商材買ってる暇があるなら、過去検証とか読書とか

他にやるべきことたくさんありましたので。

 

結局今から考えれば、

相場で勝つことにおいて最も大事だったのは、手法でもなんでもなくて、

「取り組む勉強の仕方とそれを続ける深い覚悟」だったんですよね。

 

そこをお師匠さまは懇切丁寧に教えてくださって、

自分も長い時間は掛かりましたが腑に落とすことができました。

 

4時間足で取り組んでいた順張り手法自体はネットでも情報が多数転がってますし

ここで語るようなことでもないので割愛しますが、

練習したのは、ただ単純に「押し目買い&戻し売り」です。

本当にそれだけで、最初はそれ以外に何もしませんでした。

(というより、自分のレベルが低かったのでそれ以外何もできませんでした)

 

ただひたすら過去チャートを使ってこれを繰り返して

エントリーポイントと決済ポイントを探すだけの練習なので、

これに取り組み始めた一番最初の頃は、

4時間足の、しかも「トレンド相場」しか相手にできませんでした。

 

レンジに入った瞬間に、もうやること何もないです笑

4時間足で検証しているので、場合によっては

次のトレンドが発生するまで数ヶ月間放置する場面も出てきます。

 

自分は、こんなにトレードできない期間があるのに何がいいんだろう・・・?と

心の中でよく疑問に思っていましたが、

「やっている練習はそれで正しい!相場の真理は地味だからみんな気付けないだけだ!」

とお師匠さまから何回もアドバイスをいただきました。

 

勝っている人がそう言うのだから何か意味があるんだな、と

信じてひたすら検証に取り組みましたね。

 

しかし自分は飲み込みも悪かったこともあり、

また、本業のサラリーマンで職位が上がって業務が途中で忙しくなって

しばらく作業できなかった期間もあり、

4時間足での検証だけでゆうに1年以上は続けることになりました。

 

その間、リアルトレードでもまーったくの利益0でしたよ。

大きなマイナスにこそならなかったので、心が折れることはありませんでしたが。

 

しかし愚直に1年ちょっと続けたあるころを境に、

突然相場を理解できるようになったことがありました。

 

そう、

「トレンドからレンジ入りする場面」と「レンジからトレンドに変わる場面」が

理解できるようになったんです。

初めは、なんとなーーーくでしたけどね。

 

しかし、これこそが、まさに一つ上の階段にのぼれた瞬間でした。

 

その時はそれが理解できたことが嬉しくて、

日付変わった深夜にもかかわらずお師匠さまに電話したことを覚えています。

(その後何回か同じように階段を上る瞬間を経験して、

そのたびに嬉しさのあまり夜中にもかかわらず師匠に電話ましたが・・・笑)

 

これが、自分がトレード人生で一番最初に上った階段でしたが、

まさにそのときがトレーダーとして勝てるようになった全ての始まりだったと、

いま振り返っても思います。

 

なぜなら、トレンドとレンジが理解できるようになったら、

あとはその場面で順張りと逆張りを使い分ければいいだけですから。

 

なんだー相場って超簡単じゃん!^^

と、ある意味ではかなりの喜びでした。

 

そこからは、さらに別確度からも検証を続けて、

その後は4時間足のリアルトレードでも、

調子の良い月は月利が10%を越える月も出てきました。

 

いま考えれば、月利でたった1度10%を達成しただけですが、

それでも3年以上まともな利益を上げられなかった自分にとっては

過去最高月利であり、衝撃的な出来事でした。

 

 

少しずつですが、相場が理解できるようになって来たのかな?と思い始めました。

(でもまだうまくトレンドに乗れずに僅かにマイナスになる月もありましたよ・・・汗)

 

そして、4時間足のトレンドとレンジでトレードができるようになったいま、

15分足でトレードしたらとんでもない利益が出せるんじゃないんだろうか・・・

と思うようになり、今度こそ満を持して短期足に本格的に取り組もう!と考えました。

 

そこからはまた別次元の辛さを味わうことになることは、

この時まだ知る由もないのですが・・・笑

 

しかし苦節4年かけて(正しい勉強を始めてからは1年ちょっとかけて)、

ようやくトレーダーとしてスタート地点にに立てた気分でした。

 

今回も長くなってきましたので、続きの短期足との格闘は後編で書きますね。

今日も長文を読んでいただきまして有難うございました!

~続き~
トレードルールの作り方 ~後編① 15分足順張り基礎編~
 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人