目の前にある問題はいつでも最小単位まで徹底的に分解することがFXで最速の成果を得る仕組み

この記事は6分で読めます


こんにちは、津田です。

 

先日は「弱者の兵法」に参加していたメンバーの方と

最近のトレード状況についてSkypeでお話ししていました。

 

そのメンバーさんはまだ安定的には利益を得られていないようですが、

現状でどんなトレードをしているのか内容を聞いてみると

 

・執行足で狙ったところを短期足でエントリーしたときに

一過性の逆行の動きで生じたヒゲが

エントリー後に建値へ変更した逆指値に引っかかってしまう

 

・建値で引っかかった後に思惑方向へ価格が伸びることがそれなりにあって

執行足の波に乗り切れていないのがもどかしい

 

・短期足で執行したあとの微妙な動きに惑わされて

ポジションを持ち続けられないこともある

 

とのことでした。

 

 

この相談をもとに僕が送ったアドバイスは単純明快で、

 

・エントリー後にSLに引っかかっても良いので

とりあえずポジションを持ち続けましょう!

(それができないなら心理的に耐えられるロットまで落としましょう)

 

ということでした。

 

 

執行足の流れが見極められていないならポジションを持ち続けたらダメですが、

せっかく本流がどこから発生しているのかを理解しているのに

短期足でタイミングが合わないだけで手放しているなら、

それは非常にもったいないことです。

 

本流の途中でポジションを手放したあとに

価格が思惑方向へ伸びるのを指をくわえてただ見るだけになりますからね。苦笑

 

 

短期足を使って相場から大きな利益を出す場合、結局のところ

1.執行足の波形に乗ること

2.短期足でタイミングを合わせること

この二つを同時に満たすことが求められるわけですが、

今回Skypeでお話ししたメンバーさんの場合は

・1はほぼできている(・・・がまだ確実に体現はできていない)

・2は課題がいくつか残っている

という状況でした。

 

この状況で問題を解決するなら、まずは1を完璧に実践することです。

そして1が出来たらそのあと2に取り組みます。

 

1と2に同時に取り組むと、うまくいきません。

 

自分のレベルを超えているからです。

 

それは頭のどこかで潜在意識が「最初から楽をしよう」と考えています。

 

そうではなく、最初はとことん丁寧に問題を分解してから

取り組むべきなのです。

 

 

1を実践するには、途中で何回かSLを受けても良いので

とりあえず「本流に乗った」ということを確実に体現する必要があります。

 

だから先の通りのアドバイスとなりました。

 

 

これはFXに限った話ではありませんが、

何か目標があって目標への階段を上るとき

「実践できる一番小さい目標まで分解して取り組む姿勢」

がいつも求められます。

 

「弱者の兵法」では目標設定の講義動画で解説した通りです。

 

「目標を達成するための秘訣は?」という問いに対して

黒田博樹選手はこう言ってましたよね。

 

「目標設定を低くする。

それをクリアする。

それ(目標)をまた立てる」

 

結局のところ、

これをどれだけ丁寧にできるかどうかなのです。

 

 

 

うまくいかない人は、自身で意識しているかどうかは別にしても、

すべての問題を一気に解決しようとしているから結果的にうまくいかない

のです。

 

これをやってしまうと、

問題のどこでつまづいているのかも分からないので

結果も分析できません。

 

PDCAサイクルが回せないので、最終的に手詰まり(=未達成)となります。

 

 

そういえば、

先日、対談音声で紹介した佐藤さんも同じでした。

 

対談終盤で現状でのFXの悩みについて伺っていたところ

「当初シナリオ通りの執行が完遂できません」という話があったわけですが、

この悩みも分解すると

1.予定している場所まで利益が伸びるか疑問に思っている

2.SLにかかって資金を失うことを恐れている

という二つの問題を同時に抱えていたわけです。

 

佐藤さんは、2を問題として認識していなかったので

全体として一つの問題と考えていましたが、

問題と向き合う丁寧さが足りていませんでした。

 

解決したいなら、二つに分解してそれぞれ取り組むべきです。

 

 

 

このように、問題はいつでも丁寧に分けて

それぞれ1つずつ取り組むことが最速で成果を手にする秘訣です。

 

自分のレベルが高くない、と認識するのであれば

解決できる問題にも限界があるのでなおさらそうしたほうが良いです。

 

僕もそうですが、ほとんどの人は凡人でありスーパーマンではないですから、

まずは自分の能力を過信せず、目の前のやるべきことに真摯に取り組むことです。

 

そうすれば、おのずと道は開けます。

 

 

今回のお話しはFX以外でも、日常のあらゆる場面において

何にでも当てはめて考えられると思います。

 

僕もゴルフ、ボウリング、ダイビングなどいくつかスポーツをしていますが

それらで上達するために必要なアプローチも全部同じです。

 

取り組み方が参考になれば幸いです!

 

 

 

PS.

トレードするときは過去データを振り返るために履歴を残すことが大切です、

というのは以前もこちらの記事で紹介した通りです。

読者さんから質問をいただきました!

~FXのトレード記録のつけ方と記録を残す意味 おまけ編~)

 

記事では僕がリアルトレードで取り組んでいたデータを

プリントアウトしてファイリングする内容を紹介しましたが、

今回Skypeでお話ししたメンバーさんは

ノートで履歴を残されているとのことでした。

 

内容が参考になると思いますので紹介しますね!

(画像はクリックすると拡大できます)

 

1

キャンパスノートを用意して、

2

自分で検証したトレード内容に画像編集ソフトで気付きをあれこれ書いて

プリントアウトして貼り付けてまとめているようです。

 

拡大するとこんな感じ。

3

 

「ファイリングするのは何か面倒くさくて、

こうする方が性に合っていて取り組みやすかったです!」

とのことでした。

 

取り組み方は良いと思いますね!

 

ファイリングはあくまでも僕の例であって、

あれが他のすべての人に合う、ということではありません。

 

僕のトレード仲間でも、

例えばデータファイルでPCにキャプチャー画像を保存しているだけの人もいれば

僕みたいに1枚ずつプリントアウトする人もいます。

 

結局は「履歴をいつでも振り返れる状態を作ること」が目的ですので

それを達成するための手段はみなさん自身で取り組みやすい方法を

選択いただければ大丈夫です!

 

 

PPS.

先日紹介した対談音声の松下さんですが、

対談自体は10月中旬にご協力いただいたのですが、

10月が終わった1ヶ月間でもまた月利約30%を達成されたようです。

 

初学者さんで学習と検証を始めて、

講座終了後2ヶ月連続で月利30%を達成するのは凄いですね!

 

しかもいまどの通貨ペアも長期足はレンジ相場が多いので

大きな値幅は狙いにくく、結構トレードしにくい相場なんですけどね・・・

僕はとんでもない人を育ててしまったのでしょうか。笑

 

以下に松下さんからいただいたEvernoteのコメントと

僕のコメントのやりとりをそのまま紹介します。

 

松下さん

「津田さんとのSkypeが10月最後の元気な姿となりまして、

そんなこんなの10月のトレード結果をご報告します。。。

結局前半のお遊びが祟って後半半月体調不良、

ほぼトレード出来ずに終わってしまいました!!

(※注釈 10月中旬頃ご家族でディズニーランドへ出かけていたそうで、

その間はトレードを一切やっていなかったようです)

 

でもこれもライフスタイルの1つなので

こんな月もあるからこそ取れるところをしっかり取れるようにならなければならない

と学んだ10月でした。

 

前半に獲得した146Pipsのみで終るわけにはいかないので

後半最後の賭けに出ましてロット(5万通貨ですけどね!)を上げての一発勝負。

見事に約118pips追加で獲得しトータル約264Pips、月利で約30%、

3勝1敗という結果となりました(*”▽”)」

 

「狙っているところをしっかり取れているのはご立派ですね!

たった4回のトレードで264pipsはすごく良い内容だと思いますよ!!」

 

松下さん

「ありがとうございます(*^^)v

リアルトレードを始めてからレンジ相場が多くて

気持ちよくドカンと取れないのがつまらないのですが

かなりレンジの勉強になりました。

 

そういえばインディケーターをあまり見なくなりましたよ。

スマホのトレードが多いので表示させると余計に見づらくなってしまうので

MACD、FB、一目は表示させていなかったらそれが普通になってしまっていました。

 

多分レンジ相場だからっていうこともあるんでしょうけど

BBとMAとライン、波形バランスだけです。

すっぴんトレーダーになってきました!(^^)!

あんなに取りつかれたように頼っていたのに。。。成長しましたね(涙)」

 

「いい感じですね!

インジケーターは結局のところ相場環境によって使えるものが限られるので、

見なくてもそんなに問題ないんですよね。

 

あくまでも執行の「補助」として使うだけで、

波形や価格の値動きだけを追っていれば利益は出せますね。」

 

というやりとりでした。

 

いまの相場で月利30%出せるならまだまだ伸ばせると思います!

 

今後益々のご活躍を期待しています。

 

 

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人