USD、JPYともに冴えないFX相場で通貨ペアをどう選ぶか

この記事は3分で読めます


こんにちは、津田です。

 

実に半年ぶりのブログ更新となりました。

みなさん、お元気でしたでしょうか??

 

なぜこんなに期間が開いてしまったのか

書くと長くなるので端折りますが、

ここ半年はメルマガの企画に参加してくれた方と

ずっと一緒に相場を学習&検証していました。

(企画は現在もまだ進行中です)

 

相場で利益を出し続けるためのトレード技術や考え方を紹介しているのですが、

専用メルマガでは半年以上にわたり毎日記事を書いていました。

 

かなりの長文になることもよくあったのですが、

みなさんの成功を願って全力でひとつずつ丁寧に書いていたら

そちらで気力・体力とも全部費やしてしまい、

こちらのブログを更新する力がもはやありませんでした。苦笑

 

ここ最近はようやく落ち着いてきたので

ブログも少しずつ書いていこうと思います!

 

 

更新できなかった間も書きたいネタはありまして

それらは全部Evernoteのネタ帳に残してあるのですが、

いま現在ですでにとんでもない程の量になっています。

 

少しずつ書いていきますので、

またお時間あるときにでもご覧いただければと思います。笑

 

 

 

さて、ブログ再開一発目として

最近の相場について僕なりの視点を少し書こうと思います。

 

最近はUSDJPYが見事なまでに煮え切らないレンジを形成していますよね。

 

日足レンジ、1時間足も局所的なレンジで

僕としては「どうしようもないなー」という感じです。

 

USDJPY1H

 

 

週足MAにはまだ支えられている中なので

相変わらず下方向への動きは強そうですが、

安値も重いので、なんだかなという感じですね。

 

USDJPY1W

 

 

で、USDJPYがレンジということは

USDもJPYも買い勢力・売り勢力が拮抗しているということなので、

当然のことながらドルストレート、クロス円ともに

レンジを形成しやすくなりますよね。

 

どの通貨ペアをどのようにトレードしたいかは人によりますので

何を選んだところでそのトレーダーさんの自由ですが、

トレンド好きな僕としてはUSDJPYみたいに狭いレンジが続く相場は

即捨てです。笑

 

EURUSDやGBPUSDも即捨て。

朝1回確認したら、もはやそれまで。

 

こんな通貨ペアでトレードする気はありません。

 

 

で、じゃあどういう通貨ペアを見るかというと

こういう時はUSD、JPYともに外して

EUR(GBP)、AUD(NZD)を軸にして見ていくと

いい感じのチャートもあります。

 

 

例えば、先日企画で学習していた方と一緒にチャートを見ていたのですが、

EURGBPとか直近は結構いい感じでしたね。

 

EURGBP1H

 

9月はきれいにアップトレンド出ましたよね~

この相場なら簡単そうに見えないですか?笑

 

また、先月8月はこんな感じでした。

 

 

こちらもきれいなダウントレンド。

 

こういう相場なら積極的にトレードしたいな、

という気持ちになれます。

 

 

このあたりは好みの問題です。

 

相場に秩序が存在する限り

どの時間足のトレンド・レンジを狙っていっても良いと思いますが、

通貨ペアはいくらでもあるのでたくさん見て回って

自分がトレードしやすいペアを選択すると良いですね。

 

 

ということで簡単ではありますが、

リハビリを兼ねたブログ一発目はこんな感じとさせていただきます!

 

 

また少しずつ記事を更新していこうと思いますので

時々ご覧になってみてください。

 

引き続き、よろしくお願いします。

 

 

 

PS.

余りにも久しぶりの更新だったため

ブログの書き方(WordPressの使い方)すら忘れました。苦笑

 

画像1枚添付するのにも大苦戦・・・

 

あれ?

どうやってアップロードするんだっけ?

どうやってURL張るんだっけ??

 

と試行錯誤しながら操作して、変なボタンを押してしまい、

ぐわ、画像が消えた!?!?

文章も消えた!!?

 

しばらく更新していないと退化するものですね・・・苦笑

 

もう少しリハビリを続けようと思います。

 

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • まさ
    • 2016年 9月29日

    津田様

    はじめまして。
    まさと申します。
    ブログが更新されてすごくうれしいです!

    私は、先日までケッティーさんのオンライン講座を受講していました。
    2週間ほど前にケッティーさんのHPにあるバナーで津田様のことを知り、過去のブログを何度も読みました。
    現在はメルマガも拝見しております。
    すごく丁寧に説明されていらっしゃるのでわかりやすくて、勝手ながら私のお師匠様です。 ^^

    私はまだFT2やデモトレしかしておりませんが、1000通貨でもいいので実際に本トレードの段階に進みたいと考えています。

    今後も、ブログとメルマガ楽しみにしています!

    最後に、

    希望がありまして、可能でしたらレンジのトレード動画をブログで公開して頂ければ有りがたいです。

    宜しくお願い致します。

      • 津田 俊之
      • 2016年 10月7日

      まささん

      こんにちは、津田です。
      コメントいただきまして有難うございます!

      レンジのトレード動画は、すでに公開しているリアルトレード動画の中で紹介していますよ^^
      短期足のレンジについて執行をいくつか紹介しています。

      短期足も長期足もレンジの基本的性質は何も変わりませんのでそちらを参考にしていただければ幸いです!

      今後ともよろしくお願いいたします。

    • なか
    • 2016年 9月30日

    更新ありがとうございます。

    質問ですが津田さんはエリオット波動についてどう考えてますか?
    知人がエリオット波動でトレードしてかなり利益を出してるんですが、
    想像したよりもエリオット波動による1つの波の値幅が非常に大きかったのです。

    そしてエリオット波動の一つの波の中の細かい動きはさして重要視してなくて
    トレンドやレンジを確認する必要すらなく衝撃を受けました。

    もし良かったらお返事ください。

      • 津田 俊之
      • 2016年 10月7日

      なかさん

      コメントいただきまして有難うございます!

      >質問ですが津田さんはエリオット波動についてどう考えてますか?

      素直に答えれば、エリオット波動は相場を見るための切り口の一つである、と思っています。
      それはダウ理論も同じですし、各種インジケーターも同じです。
      いずれも相場を見る見方の一つであり、それ自体が絶対的存在ではありません。

      学習してみたければ取り組んでみるのが良いと思いますよ!

      僕も例えばフィボナッチの考え方などはエリオット波動の考え方で勉強したことはあります。

      ただ、トレンドやレンジは確認する必要はあると個人的には思いますけどね。

      以上、回答とさせていただきます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人