とある主婦SさんのFX学習日誌 ~2ヶ月弱の過去検証で相場から得た気付き~

この記事は5分で読めます


 

こんにちは、津田です。

 

以前にブログで

「とある主婦SさんのFX学習日誌」という記事を書きました。

 

Sさんは僕のメルマガ読者さんでして、

以前に開催したSkype通話企画への参加がきっかけで一緒に相場学習を始めたのですが、

どのように学習を進めているかを記事にしたところ公開直後から大きな反響を呼びました。

 

当時は学習開始~2週間までの様子を記事にしたのですが

なぜかこの記事だけ圧倒的な閲覧数を誇っていまして

View数が3位以下と比べて2~6倍もあります笑

 

 

それだけ閲覧数があるということは

読者のみなさんも相場の効果的な学習方法について

興味を持っているのかな?と感じましたので、

Sさんのその後の様子をまとめようと思い今回記事にしてみます。

 

 

記事を書くにあたってはSさんとSkypeでいろいろお話ししました。

 

 

主に、「過去検証に取り組んでみてここまでどうですか?」

という点についてお話しを伺ってみたのですが、それを紹介しますね。

 

 

 

Sさんと僕は一緒に過去相場の学習・検証をはじめて約3ヶ月になります。

 

Sさんは最初から

「短期足でトレードできるようになりたいです!」と望んでいたので、

これまでは長期足チャートで相場学習の基礎を固めながら

短期足トレード特有の注意点について実践レベルで検証してきました。

 

 

最近までで一通りその学習と検証を終えまして

いまデモトレードに取り組み始めたところです。

 

初回のデモトレード1ヶ月の結果を教えてもらったのですが、なかなかのレベルでした。

 

・・・というより、レベルの高さに僕は驚いたのですが笑

(根拠のあるトレードを厳選して2ケタの月利を堂々と叩き出していました)

 

 

「デモはまだ始めたばかりなので内緒にしてください」

とSさんに言われていますので、今回は触れませんが今後も楽しみです。

 

 

 

今回も前回の記事紹介同様、学習してきた内容を

チャート画像中心に掲載しようと思ったのですが、

学習記録を振り返るとチャート画像200枚近く&メールも70通以上あって

とてもじゃないですがまとめきれなくて諦めました・・・

 

 

代わりに、Sさんからここまで学んでみた感想を送っていただけましたので

今回はその内容を紹介しますね。

 

 

 

↓Sさん感想ここから

 

 

————————————————————————————

 

津田さん

 

こんにちは、Sです。

すっぴんトレードを2ヶ月間学んでみた感想を送ります。

 

これまでFXの学習は、有料メルマガから始まり商材を購入し、

更には、清水の舞台から飛び降りる覚悟で高額のコンサルをも受けてきました。

 

それでも相場の環境認識をするという技術を習得することができませんでした。

 

なぜなら、その多くが主催者の開発した手法を教えるというものだったからです。

 

手法のみで相場に向かえば向かうほど、

徐々にマイナスが膨らみエントリー恐怖症に近い状態になっていきました。

 

それまでの私は、短時間で結果を出したいという思いが強く

短期足(上位5分の執行1分)で欲張らずに3~5pipsで利確を繰り返す手法であれば、

長期足の環境認識はそれほど必要なくて、

時間もかけることなく時間的リスクにもさらされず、

一番安全なトレードの方法だと思い込んでいたのです。

 

ですが「コツコツドカン(損)」を繰り返すばかりでした。

 

同じことをしていたのでは、一生結果出せないと思い立ち

それまでのトレード手法とは全くの真逆のトレードを

行っている方から学ぶと決め、門を叩いたのが「すっぴんトレード」でした。

 

 

「すっぴんトレード」の自主ワークを繰り返し行うことで、

波形認識、サポレジから相場参加者がみている「共通認識性」という視点を

持つことができるようになり

更にダウ理論を組み合わせることで、

動きたい方向性を判断できるようになってきました。

 

この波形認識、サポレジ、ダウ理論などをチャート上で繰り返し検証し

基礎を固めることに集中する点が、他の教材とは全く違います。

 

基礎が分かると、市販教材の手法の意図が見え、

特に使う必要がないということが分かりました。

 

 

更に、ワークの検証を繰り返し、検証ペースがつかめると

チャートの中にあるパターンが見えてきて、

その視点を次の検証に加え結果が変わる(良くも悪くも)

ということを何回も経験しました。

 

次はどんな視点に気づけるのか、どう変化するのか楽しみでワクワクしました。

 

 

検証が苦痛と感じたことは、ゼロではありませんが、少ないです。

 

今もこんな検証をして確かめたいという項目が

いくつかありますので検証生活は終わらなさそうです。

 

 

学習ペースは、明確な目標を立てていても、思うようにすすめられず

自分の意図したペースを保てないことが何度もありました。

 

その中で思ったことですが、

1つの検証項目をやると決めたらできる限り時間を作って

「短期集中」で行いたいと思いました。

 

そうしないと、気づけていた視点を忘れてしまい、

もう一度前に戻って見直し思い出してやり直すということを、

何度も繰り返してしまいました。

 

刷り込みという点では良い面もあるかもしれませんが、

アウトプットが遅れ課題に気づくのがその分遅くなったと思います。

 

 

そんなアウトプットのワークを提出すると、

津田さんは、毎回細かく丁寧に見て解説をしてくださいました。

 

その解説は、ご自分の思考をおしみなく伝えようとして

くださっているのをすごく感じました。

 

現在はどういう状況か、どこが問題か、どこを考えるべきか

どんなワークに取り組むと良いかを具体的かつ分かりやすく伝えてくださいました。

 

これがあったから、次に何をすべきか悩まず、ここまで進んでこられたと思います。

 

 

あとは、自分がトレードするべき相場を絞り、自分の決済ルールを持ち、

リアルの相場に向かって、

負けるときはしっかり負けを受け入れ勝つときは勝つ、を繰り返し、

「コツコツドカン(益)」を実践することだと思っています。

 

以上です。

 

自分を見直すためにも感想を書くことが良い機会だなと思いました。

 

 

————————————————————————————

 

 

↑Sさん感想ここまで

 

 

 

Sさんは実践レベルの検証に取り組んだ感想について、

良かった面、辛かった面を赤裸々に書いてくださいました。

 

ここまでの期間で集中的に検証に取り組んでいましたから

感想文の奥にあるリアルさ、ぬくもりを

感じ取っていただけるのではないかと思います。

 

 

 

感想の内容について僕も書きたいことがいくつかあるのですが、

文章にすると長くなりそうなのでSさんとの対談音声を次回紹介しますね。

(※対談音声の紹介は、メルマガ読者限定です)

 

お話しを伺ったのは以下3点です。

 

・具体的な過去検証の取り組みについて

・過去検証を通じて養うことができた技術・能力について

・学習の取り組み方について(モチベーション維持について)

 

 

Sさんがどういうことを意識して検証に取り組んでいたのか

その様子がわかる内容になっていますので楽しみにしていただければと思います。

 

それでは、有難うございました。

 

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • ちろる
    • 2016年 1月15日

    こんにちは。

    いつも拝見しております。
    メルマガが届くのを楽しみにしている毎日です。
    津田先生の4時間足を見て15分足でトレードというのを検証し、実践しています。
    アップトレンドの場合、ラインをブレイクして、サポートされ(反発)、15分足ダブルボトムを見つけて、右側が下抜けしなかったのを確認してレンジの底からのエントリーを心がけております。
    それで少し負けが少なくなってきました。
    その部分でしかトレードしない、というルールのおかげなのでしょうか。

    今ドル円は大きくみて週足レベルのレンジのように見えているのですが、こういう場合は、レンジの下限からロングということになりますが、あまりにもサイズが大きすぎて・・・
    津田先生は、その場合は、もうドル円でのトレードはやりませんか?
    その中でも、ラインは見ようと思えば見えますが、レンジ内ということではどちらに行くかはわからないというものあり、迷っています。
    下限からのロングといっても、タイミングを取るのも一苦労?!と考えてしまいます。

    • 津田 俊之
    • 2016年 1月15日

    ちろるさん

    こんにちは、津田です。
    メルマガをご愛読いただきまして有難うございます。

    しっかり狙った場所をトレードするのは、相場の基本であり大原則ですね。
    それを守るだけでも利益率はずいぶん向上します。

    自分が環境を認識できない相場ではトレードしない、と僕は決めています。
    「迷う」ということはつまり「勝つか負けるかわからない状況」なんですよね。
    そこでトレードするのは僕はギャンブルだと思っています。
    そして僕はギャンブルしたいわけではないので、そこではトレードしないというただそれだけのことです。

    認識できる場所を増やすためには利益を出せるルールを構築する必要があります。
    そのために過去検証を行うわけですね。

    以上、参考になれば幸いです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人