読者さんから質問をいただきました! ~MT4?FT2?FX検証ソフトの使い方~

この記事は5分で読めます


 

 

こんにちは、津田です。

最近またみなさんから質問をいただく機会が増えました。

 

みなさん熱心に僕の記事を読んで学習に取り組まれているようで、有難うございます。

 

 

個別に質問回答している関係で更新頻度が落ち気味で申し訳ないのですが、

限られた時間の中でも実のある情報発信ができるように頑張ります!

 

 

今回は検証ソフトに関していただいたご質問を紹介しますね。

 

Kさんからの質問を代表して引用いたします。

Kさん、質問&転載許可有難うございました!

 

 

 

↓Kさん質問ここから

 

————————————————————————————–

 

フォレックステスターとか練習君とか検証用ソフトをご使用されていますでしょうか?

 

今まで、過去チャートを見て検証していたのですが、過去チャートだと見えてしまうため、

無意識に自分に有利な結果を出しているように見えて、

こういうソフトを使って検証した方がいいのかな?と思うようになりました。

 

けど、どのソフトがいいのか?わからなくて、

けど結構高いので失敗はしたくないし。。。。と思い、質問させていただきました。

 

時間足を変えた複数チャートを表示させられるものがいいなぁと思っていて、

調べた限りこの2つが条件に合致していました。

 

この2つ以外にももしおススメがあったら、お教えいただけたらと思います。

 

いつもすみません、よろしくお願いいたします。

 

————————————————————————————–

 

↑Kさん質問ここまで

 

 

ということで、検証の取り組み方について

どんなソフトを使うと良いですか?ということですね。

 

正直に話をしますと、僕はふだんMT4をそのまま使用することが多いですね。

FT2ももちろん使うのですが先にMT4から紹介しますね。

 

 

MT4はF12キーで1本ずつローソク足をコマ送りできますので、

擬似的に時間変化をつけていまでもよく検証で使っています。

(Shift+F12キーで1本ずつ戻れますしね)

 

何かと便利なソフトだと思っています。

 

 

MT4では先が見えてしまうので自分の身になっているかどうか気になります・・・

とよく聞くのですが、

しっかりとテーマを持って検証している限りにおいては

これはまったく気にしなくて大丈夫だと個人的に思っています。

 

というよりも、効果的に検証するなら必ず先が見えている

静止画チャートから検証を始めるべきです。

これが一番簡単な検証だからです。

 

 

まずは一番簡単なレベルの静止画チャートから検証してみて、

先が見えている状況でしっかり分析をできるようになったら

その次のステージとしてチャートをコマ送りして検証するのが良いと思います。

 

そうやって先が見えているチャートでの価格推移を

何度もコマ送りしたり戻ったりして

どのようにローソク足が形成されていくかを研究しているときに実力が一番伸びたな~

 

と僕はよく感じました。

 

 

野球のバッティングでも、

初心者がいきなり160km/hの剛速球を打ち返すのは無理ですが

80km/hくらいのゆるーい球なら簡単に当てられるような感じです。

 

どんなことでもそうですが、簡単なことができなければ難しいことはできません。

 

 

ローソク足をコマ送りする際は、

静止画で検証した範囲全体が見えるデータを手元におくと

全体を確認しながら検証できるのでなお良いですね。

 

そのあたりはメルマガ特典動画でも紹介していますので

そちらを参考にしてみてください。

 

 

「じゃあMT4があれば問題ないんじゃないですか?」

「FT2は何のために使うんですか?」

 

ということなのですが、僕はFT2は主にデータ集積機能を利用してます。

 

自分のトレードスタイルを客観的に見るとどうなるのか

に注目して分析することが多いです。

 

 

たとえば以下の画像はFT2で見られるトレード履歴の情報ですが、

マーケット情報

 

赤枠で囲った部分に僕は注目しています。

 

 

・合計トレード数

→過剰トレードになっていないかどうか。トレードは厳選できているか。

 

・連続勝ち&負けトレード

→検証したトレードルールだと、どの程度になるか

 

・利益

→資金に対してどの程度の利益が出るのか

 

・プロフィットファクター(=総利益/総損失)

→損失に対する利益の割合はどの程度なのか

 

 

僕は基本的に利益を「月利」で管理していますのでこの項目を見ています。

 

 

トレーダーさんの利益の管理の仕方によっては

勝率とかドローダウンを見る方もいますよね。

僕は参考程度ですが・・・

 

 

あと、FT2にある有用な機能として

「マルチタイムフレーム(MTF)分析がしやすい」ということでしょうか。

 

 

ただ・・・

僕はMT4でもMTF分析はじゅうぶんできると思いますし

FT2だけに特有の機能か?と聞かれたら決して「そうです」とは言いません。

 

FT2の方が見やすいことは確かなのでスクリーンショットでデータを残すときなどは、

FT2の方が良いかなとは思いますけどね。

 

データ管理機能は優れているので重宝すると思いますが、

それ以外は結構MT4でも代替できるので、

このあたりは個人的にどちらが使いやすいかという判断になると思います。

 

 

Kさんのご質問の中にある「練習君」というのは、

僕は使ったことがないのでコメントはできません。

 

他のトレーダーさんが使っているところを横で見ていた・・・程度ですが、

せっかく有料ソフトを買うならFT2でいいんじゃないかな、と個人的には思っています。

 

 

 

ということで、まとめますと、

 

僕は基本的にMT4で分析していますがデータを取るときはFT2のお世話になっている

ということです。

 

もちろん、これは僕の意見ですので

僕のメンターでも最初から全力でFT2推しの人もいますし、

 

「FT2を買わずにトレードで利益出せるようになりたいってお前は相場をナメてる?」

と怒り出す人もいるくらいですらね・・・笑

 

 

まぁ、FXで本気で利益を上げたいのならFT2は遅かれ早かれ必ず必要になりますので

目をつぶって買っても損がないとは思いますよ。

 

もちろん購入はみなさんの判断でお願いしますね笑

 

 

 

ということで、今回は検証ソフトについての個人的な意見を紹介しました。

以上、参考になれば幸いです!

 

 

PS.

余談ですが、MT4は無料ソフトなので

デモアカウントで検証しているとチャートの日付が

急に飛んでいることが時々あります。

僕のメルマガワークを提出してくれた方でも

何名か日付が飛んでいたのですが、その点はご注意くださいね。

 

MT4で検証するなら、小額でも資金を入れて

リアル口座で検証すると良いと思いますよ。

 

無料には限界がありますからご注意を・・・笑

 

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人