読者さんから質問をいただきました! ~FXチャートの適切な見方と、見えないものを肌で感じ取るためのちょっとしたコツ④~

この記事は5分で読めます


 

 

こんにちは、津田です。

今回は前回紹介しましたKさんの質問に対して僕の回答を示しますね。

 

Kさんの質問をまだご覧になっていない場合は、先にそちらをご覧ください。

 

 

Kさんからいただいた質問は、簡単にまとめると、

 

「証券会社によって区切っている時間が異なり

使用するサーバーでローソク足の表示が変わるので

ワークに取り組む際はみなさんでサーバーを揃えた方が

良いのではないでしょうか?」

 

ということでした。

 

 

これに対し、僕はSさんに以下のように回答しました。

(丁寧に回答しましたので、少し文章が長いです)

 

 

↓回答ここから

 

—————————————————————

 

Kさん

 

おはようございます、津田です。

検証についてナイスなご指摘ありがとうございます!

 

鋭い視点のご指摘ですね。

Kさんが「能動的に」相場と向き合っている様子がわかります。

 

これは勝つトレーダーとして大切な姿勢ですので、

ぜひ続けていただきたいと思います。

 

 

さて、ご指摘の点ですが、実はサーバーを揃えないことには理由があります。

 

その理由はまだ紹介していませんでしたが、

そこについて指摘をしてくれて嬉しい限りです。

 

理由は、先日Kさんが送ってくださったYouTube動画と深い関係があるので、

それを交えて説明しますね。

(楽しく見させていただきました!)

 

 

あの動画ではフランス人が流暢なニシモロ弁を披露していますが

最後に「それに気付きましたか?」と種明かししてくれますよね。

 

FXのチャートでもまさに同じことが起こっています。

そこに気が付けば、すぐに解決します。

 

 

Kさんもお気付きのように、

チャートソフトは証券会社によって時間の区切りも様々ですし

それにより表示されるローソク足は変わりますよね。

 

しかし、トレーダーとして考えるべきことがあります。

 

それは、

「相場で引き起こされる値動きの本質は時間の区切りによって変わるものだろうか?」

という点です。

 

いかがでしょうか?

少し考えてみていただきたいと思います。

 

 

 

 

考えてみていただけましたでしょうか。

 

相場で生じる値動きそれ自体は、時間の区切りによって変わりません。

不変なものです。

 

不変であるにもかかわらず僕たちトレーダーはその不変なものを見る手段として

各々が証券会社のチャートソフトを選んであたかも「自分たちの都合の良いように

それを覗いているのです。

 

まずこの点を正しく理解することが大事です。

 

 

つまり、

時間を区切る場所によっては(チャートソフトによっては)

当然ローソク足の形も変わります。

 

しかしそれは単に、「人間が引き起こす勝手な解釈」に過ぎないのです。

価格変動の本質が変化したわけではありません。

 

 

YouTubeの動画でも、

フランス人は最初から流暢なニシモロ弁を喋っていますよね。

 

しかし、見ている側はそれに気付きません。

(あれは製作者が演出の一環で意図的にマスクしているからですが笑)

 

真実がそこに存在しているにもかかわらず、

視聴者である我々は一側面からしか物が見えていない。

そういう状況なんですね。

 

FXチャートの世界でも同じです。

それがKさんが指摘してくれた内容です。

 

>動画ではSさんのチャートで解説されてますが、

私のチャート(ローソク足)と表示が違うのです。

ダマシの包み足や孕み足、強い陽線抜け足等々、

ポイントになるローソク足が違うのです。

各社サーバーによってローソク足が違うということは調べて分かりましたので、

何社かデモサーバーを試してみたのですが、合致しませんでした。

 

これは確かに事実なのですが、僕たちが考えるべき問題は、

「チャートでローソク足がどう表示されるか」ではなく

相場で起こっている価格変化の本質は何なのか」です。

 

チャートソフトはあくまでも価格変化を具現化するためのツールです。

人間が視覚化したいがために「都合よく」作っているものなのです。

(YouTube動画では、最初から表示されている字幕の部分に相当します)

 

しかし、本当に注目するべきところは、そこではないのです。

 

 

価格変化の本質を理解するためには、以下のような考えが参考になると思います。

 

様々なチャートソフトを使っている人たちが世の中にはいて、

 彼らはどのようにチャートを見ているのだろう。

 

もし自分とは違う切り口でチャートが見えるとして、

 しかもそこに客観的に見て高い共通認識性が存在するのだとするならば

 それはどう解釈すればよいのだろう。

 

これが勝ち続けるトレーダーの「思考法」です。

 

 

いかがでしょうか?

少し抽象度が高い内容なので、最初は理解が難しい(慣れない)かもしれません。

 

僕も正直に言って、言葉で表現しにくい部分もあるので

ここまで動画ではみなさんにお伝えしていない内容でした。

 

なので、Kさんのご指摘には感謝です!

 

 

今回の内容を踏まえますと、トレーダーとして見える視野が一気に広がります。

 

例えば下記のようなものです。

 

1.サポレジラインはローソク足のひげに引くのが正しいのか、実体に引くのが正しいのか

2.サポレジラインに存在する「時間的な価格の厚み」とは何か

3.酒田五法の明星(明けの明星・宵の明星)が出る場合と

隣り合う2本のローソク足が大陰線・大陽線になることの違いは何か

 

2は少しレベルが高い内容ですが、1と3は比較的簡単な課題ですので、

もし宜しければ自主課題として取り組んでみてください。

 

以上、回答とさせていただきます。

参考になれば幸いです。

 

—————————————————————

 

↑回答ここまで

 

 

 

ということで、回答の中で示した内容が全てなのですが、

結論は、「ローソク足の表示が違っていても何ら問題はない」

ということです。

 

僕も最初はこの表層的な問題に囚われることが多かったのですが、

メンターたちと勉強を重ねるにつれて

深層に在る真理は何なのかを解釈することができました。

 

 

とはいっても単なる「知識」レベルで知ることは簡単ですが、

実際にチャートと向き合って過去検証などの「実践」レベルで習得するには

かなりの月日を要しました。

 

以前にも紹介しました、「知っている」と「実践できる」の大きな違いです。

 

もちろん実践できるレベルになるためには思考を重ね続けました。

 

 

そして、その先で気付いたことは、

「この思考の繰り返しこそ相場で利益を出し続けるために必要なんだな」

ということでした。

 

いまでもその考えを大事にして、相場と向き合っています。

 

 

今回の話題は少し抽象度が高い内容でしたので

その深さに驚く方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、時間をかけて自分の頭を使い能動的に相場と向き合えば

いずれ誰でも理解できる内容だと思います。

 

その「深さ」を楽しめるようになると、

FXで利益が出せるようになるのはもちろんですが

さらに深い内容を学ぶ入り口に立てます。

 

個人的には、それを学べるようになることが

FXで学習することの醍醐味だと思っていますので、

利益が出せるようになるレベルにはさっさと到達していただいて

そこまでみなさんと一緒に歩めたらいいなと願います笑

 

 

その世界を知るようになると相場だろうが他の投資ビジネスだろうが、

また、経済・社会・宗教・哲学・スポーツ・趣味・恋愛など分野の壁を越えて、

一見何のつながりも無いように見える上辺の情報でさえも

その奥に在る「有機的なつながり」を見いだすことができるようになります。

 

そうなったら、世界を見る目が変わるから楽しいですよ。

 

僕も、大きなことは言っても、その入り口にしか立っていないので

まだまだメンターたちと勉強している身ですけどね笑

 

 

ということで、今回はKさんからの質問に対して回答しました。

 

僕のメルマガには、参加してくださっている読者さんの意識が高いからか

毎日良質な質問を大量にいただいています。

本当に有り難い限りです!

 

その全てを片っ端から紹介したいのですが、

いかんせん紹介したい内容が多くていまディズニーランド並みの順番待ちが

発生してしまっています笑

 

興味深い内容は今後もどんどんシェアしていこうと思いますので、

ご参考になれば幸いです!

 

ではまた!

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人