読者さんから質問をいただきました! ~FXのトレード記録のつけ方と記録を残す意味 おまけ編~

この記事は2分で読めます

Pocket

 

こんにちは、津田です。

今回は、前回まで紹介したトレード記録の残し方のおまけ編を紹介しますね。

 

記録の残し方について、よくこんな質問をいただきます。

 

「データは紙媒体で残していますか?」

「PC上にデータベースで残していますか?」

 

今回はこれについて補足紹介しますね。

 

 

結論から言うと、僕は両方で残しています。

そしてどちらかと言うと紙ベースの方でいろいろ書き込みを残しています。

 

僕は基本的に物事を書いて覚えるタイプの人間なので、

データベースで残しているチャートをプリントアウトして

手を使っていろいろ書き込んでいます。

(目・耳・鼻・手・口と五感をフルに使わないとなかなか覚えられない人間なので笑)

 

実際にはこのような感じです。

トレード記録

 

 

結局エントリーや決済をする場所って根拠が似たようなところになるので

トレードも似通ってくるわけですが、

何回も何回も手で書いて記録を残していると

「このパターンは前も上手く利益上げられたよな・・・」とか

「このパターンはそういえば前も痛い目を見た!」とか

体に染み付くレベルで分かってきます。

 

だいたい数百回も記録をつければ、

(記憶の良い方でしたら数十回も記録をつければ)

相場に存在する優位性のあるクセはじゅうぶんつかめます。

 

つまり、記録を残すことで自分の利益トレードと損失トレードに

それぞれの共通点を見つけるわけです。

 

利益トレードの共通点を集めたらそれを今後も繰り返せば良いだけですし、

損失トレードの共通点を集められたら今後はそれを止めればいいだけです。

 

簡単じゃないですか?笑

 

利益を残し続けるためにやっていることって本当にこれだけですよ。

 

 

僕は自分の手で書くのが好きなのと、

これまで積み重ねてきた検証量・内容を目で見て

振り返るのが好きなので紙ベース中心に残していますが、

データベースで記録を残したい方は

チャプターを取ってそこにあれこれ書き込めばOKですね。

 

人それぞれですのでお好きな方でやれば良いと思いますよ。

 

 

ちなみに、僕が勝てるようになった3年間で残してきた記録はこんな感じです。

IMG_0367

 

MTF分析をやっているので時間軸ごとにプリントアウトしているトレードもありますが

3000枚程度でしょうか。

 

僕のメンターのひとりは、自宅オフィスのトレードルームに

分析した過去チャートを保管するための専用本棚を

壁一面にずらっと並べてあります。

データベースの図書館みたいな感じです。

 

僕はそこまではやっていませんが、

でも勝っているトレーダーさんはみんなそんな感じで記録をしっかり残していますね。

 

 

ということで、

今回はデータの残し方について補足紹介しました。

 

 

ここまで3回に分けてトレード記録の残し方について

紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

みなさんの参考になれば幸いです!

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人