読者さんから質問をいただきました! ~FXのトレード記録のつけ方と記録を残す意味②~

この記事は5分で読めます

Pocket

 

こんにちは、津田です。

今回は前回に続いてトレード記録をつける理由について紹介しますね。

 

前回は、トレード記録をつける際に意識するべきことをお伝えしました。

 

簡単にまとめますと、

「トレードの過程を振り返ることが可能な内容を残すことが大事」

ということでした。

 

トレード記録をつける理由としてもう一つ大きなメリットがあります。

今回はそれを紹介しますね。

 

 

 

2つ目のメリットですが、それは

「ポジポジ病が無くなる」ということです。

 

トレード記録をつけることとポジポジ病とどう関係あるの??

と思われるかもしれませんが、実は深く密接な関係にあるのです。

 

 

前回も書きましたが僕がトレード記録をつけている内容は以下の通りです。

 

・エントリーの通貨ペア

・ポジションの向き(ショート、ロング)

・エントリーの日付、時間

・エントリーの価格

・エグジットの価格

・ストップロスを入れる価格

・ストップロスまでのpips

・決済したpips(1トレードごと)

・通算損益pips(トレード通算)

・エントリーごとのリスクリワードレシオ

・エントリー根拠(コメント)

・エグジット根拠(コメント)

・ファンダメンタルズがトレード要因になるならその要因も

これらを、一つのトレードごとに記録しています。

 

文章でこう書くだけではよく伝わらないかもしれませんが

記録をつけるのは慣れるまでは結構大変な作業です。

 

丁寧に記録をつけようと意識すると、1トレードの記録をつけるのに30分くらい

(場合によっては1時間くらい)かかると思います。

 

1日に5トレードしたのであればトレード記録をつけるのに1日2~3時間程度は必要です。

 

トレードする時間とは別にそのくらいの時間が必要なんですよ。

これ、地味に大変です笑

 

 

最初の2,3日はモチベーションも高いのでなんとか乗り切れます。

しかし、その先でなかなか続かなくなります。

 

「なんでこんな大変なことを毎回しなきゃいけないのだろう・・・」

「いちいち記録つけるのが面倒くさいな・・・」

という、やり場のない思いが沸々と湧いてきます。

 

しかし前回もお伝えしたとおり

勝ち続けるためにはトレード記録自体は必要なものですから

ここはなんとか乗り越えねばなりません。

 

 

記録をつけることは、「成長するためには必要だが実に面倒くさい作業」

というまさに葛藤を抱えた状態になるわけですが、

そんな中でトレードをしているとだんだんと考え始めることがあります。

 

それは・・・

「もっと楽にトレード記録をつけることはできないか」

ということです。

 

 

もし仮に、楽にトレード記録をつけることができればもちろん作業量が減ります。

 

トレードごとに記録はつけなければならないのでそこを避けることはできませんが、

別角度から「どうやったら楽に記録がつけられるだろうか?」と考えるようになるのです。

 

その結果どうなるかというと、

正しい戦略・戦術のもとに行うトレードでエントリー根拠やエグジット根拠が次第に

同じような内容になっていくのです。

 

そうすることで、記録をつける内容が似通ってくるので負担が減るからです。

同じパターンを狙う、ということですね。

 

これはつまり、

「余計な場所でポジションを持たなくなる」ということです。

 

小難しくて説明しにくい変な場所でポジションを持つ

=記録をつけるのが面倒くさい

ということになり、そういう変なポジションは取らなくなります。

 

これがポジポジ病と無縁になる第1段階ですね。

 

 

この第1段階に慣れてくるとその先でまた思うことがあります。

 

余計な場所でポジションを持つことが減るのですが、

それでも時々まだ変な根拠でトレードをしてしまうことがあるんです。

 

そうすると、それらはもうすでに少数のトレードですので

記録をつける中ではやたらと目立ちます。

 

屈強なライオンの群れの中に一匹のか弱い子羊が

混じってしまっているかのような、途方もない違和感を覚えます。

 

そういうトレード記録をつけるときにこう思うようになります。

 

「何でこんな中途半端な位置でポジションを持ってしまったのだろう・・・」

「こんな余計な場所でエントリーする意味があったのだろうか・・・」

もはや、後悔の念です笑

 

「トレード記録をつける」という意味では、

どうでもいい根拠でトレードしてしまった場合も狙いを絞ってトレードした場合も

記録をつける時間は変わりません。

 

1トレードごとに記録を残しますので

どんな記録をつけるにしても等しく時間は掛かります。

 

その中で覚えるこの後悔の念が自分の過剰トレードをさらに抑える戒めになります。

 

これがポジポジ病と無縁になる第2段階です。

 

 

ここまで感じることができるようになると、

「ポジポジ病?何それ?」という状態になれます。

 

どんなに悩んでいる方でも立派に完治しますね。

 

 

 

ふだんからしっかりトレード記録を残していると

このような考え方は自然と体に染み付きます。

 

そうするとトレードをするときに

「本当に自分がトレード記録を書くに値する場所か?」

という思いがまず先行して、余計な場所では一切エントリーしなくなります。

 

「くだらないトレードをしてそんな記録を残すために貴重な時間を使いたくない!」

という、ある意味での反骨精神が無駄なポジションを持たせなくするのです。

 

これが、今回お伝えしたいトレード記録を残す2つ目のメリットです。

 

 

 

トレード記録をつけていればおのずとトレードの質は上がります。

というよりも「上がらざるを得ない」のです。

 

トレードの質が上がれば変なポジションを持とうとしても

脳が直感的に拒絶反応を起こします笑

 

そういうトレードをしていればエントリーポイントを厳選することにもなるので、

勝ちトレードも自然に積みあがります。

 

単純な仕組みですが、これが大きいんですよね。

 

 

これはふだんからトレード記録を丁寧につけている人だけが

身につけることができる能力です。

 

記録をつける苦労を知っているとこのような形で報われることになります。

 

 

ちなみに一番最初に挙げた、これを残すと良いですよという項目は

「最低限」取った方が良いデータです。

 

実際には、これらの項目に対して

トレーダーとしてどれだけ前向きな考察を加えられるかで

そのトレーダーさんの成長度合いは大きく変わります。

 

「もっとこういうふうに相場を分析できるんじゃないか」

「○○の切り口で見ることができるのではないか」

「上位足の相場環境はどういう状態だっただろうか」

「他のインジケーターで分析したらどうだっただろうか」

「チャート上に見えない共通点が他にあるのではないだろうか」

 

というように、絶え間なく考察を加えることで

成長が加速度的に増すことは偶然ではなく必然です。

 

以前紹介しましたメルマガ読者Sさんはまさにこのパターンですね。

Sさんは前回紹介した後で引き続き自主課題を提出してきてくれていますが、

今なおとんでもないスピードで成長していますよ。

また機会を作って紹介できると良いですね。

 

ということで、今回はトレード記録を残す重要性について

ポジポジ病が無くなるという側面から紹介しました。

 

FXは、過去検証とトレード記録、この2つをどれだけ丁寧に取り組めるかで

その人のレベルは如実に変わります。

 

意識的に記録をつけてみると良いですよ。

FX人生が大きく変わることは間違いないです。

 

みなさんの参考になれば幸いです!

 

 

ブログランキングに登録してます^^
記事が参考になりましたら、応援クリックをいただけると嬉しいです!
にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

管理人;津田 俊之(すっぴんトレーダー)

投資ビジネスを通じて、価値が生まれる原理原則を見つめています。

自己紹介は、こちらから

FXは月利20~50%を継続中。
目標は「月利100%の達成と維持」です。

トレードスタイルは「価格が動くほうへついていく」だけ。
エントリー手法は、ありません。

チャート表示は「ローソク足+サポレジライン(+ときどきMACD)」のみ。
すっぴんチャートでトレードしてます。
複雑なインジケーターを使わなくても、すっぴんチャートだけでじゅうぶん勝てます。

現在は、FXで一緒に成長できる仲間を見つけながら、リアルトレードの結果検証と過去チャートの検証を繰り返してさらなるレベルアップを目指してます。

人生を歩む上で、また、ビジネスを行う上で大事なことを教えてくれる相場には、日々感謝してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

FXを動画で解説しています

YouTube

動画一覧はこちらをクリック!
FXの戦術・戦略・マインドセットについて
わかりやすく動画で解説しています

ブログランキング

いつも応援いただきまして有難うございます。
意識の高いみなさんに囲まれて、日々楽しくFXを勉強しています。

記事内容が面白かった・参考になったと思いましたら、応援クリックいただけると嬉しいです^^

宜しくお願いします!


にほんブログ村 為替ブログへ
テクニカルトレード ブログランキングへ

ブログランキング一覧はこちら。

免責事項

本サイトの情報は、FXトレード判断の参考としてFXに関する情報提供を目的としています。

本サイトの情報について正確性や完全性を保証するものではありません。

本サイトの利用によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

ファミコン名人